謎の食材!粉耗子(ブンモジャ)&大拉皮(タンミョン)って何!?

しらす しらす | 2020年08月02日

外国のYoutuberから火が着いた食べ物、「ブンモジャ」と「タンミョン」!日本でも手に入りやすくなってきたため、早速購入してみました。見慣れない食材ながら、日本の食文化にも取り入れやすいのが魅力♪トッポギや春雨が好きな方、必見です!

 

 

粉耗子(ブンモジャ)とは?

 

中国で使用される食材の一種で、主な原料はじゃがいもデンプンです。

冷凍状態で販売されています。

 

 

凍った状態のまま茹でることができます。茹で時間は3分程と短め。

食感はトッポギを固くした感じでとても食べごたえがあります。トッポギの代わりに使うと良さそうです♪

 

 

 

大拉皮(タンミョンまたはダーラーピー)とは

 

こちらも中国の食材で、言うなれば平べったくて太い春雨です!

通常の春雨と同じく、乾燥状態で販売されています。

 

 

10分ほど茹でてから使用します。

かなり歯ごたえがあって、食感はグミに近いです。

 

 

さあ、実食!

 

YouTubeにUPされている調理動画の多くで、甘辛いトッポギ風の味付けがされていましたが、今回はチーズタッカルビの素を使ってみました。

 

 

それぞれ別茹でしたブンモジャ・タンミョンの他に、肉団子と長ネギをタッカルビに入れます。

 

 

甘辛いソースとよく絡んで、とっても美味しくできました!

 

 

ブンモジャは、周りが透明で柔らかく、中が白くて腰のある食感です。内部が空洞になっているため、ソースとよく絡んで美味しい!

 

 

タンミョンは、それ自体に味がないので食感を楽しみます。ソースの味がしっかり濃いとより美味しくなりますよ!グミのように弾力があり、よく噛むので満腹感が得られやすいと感じました。

 

※どちらの食材も噛み切りにくいので、幼児に食べさせる場合は小さく切るようにしてくださいね。

 

 

こんなアレンジもしてみました

☆ブンモジャのカレーうどん風

 

 

うどんの代わりにブンモジャを入れてみました。やや粘度のあるスープと好相性だと思います。

ズルズル吸わないのでカレーが跳ねにくく、食べやすかったです。

 

☆くずきり風タンミョン

 

 

茹でて氷水でしっかり冷やしたタンミョンに、抹茶黒蜜をかけてスイーツに♪

くずきりよりかなり歯ごたえはありますが、ひんやりしてとても美味しくなりましたよ!

 

今後は、ブンモジャをみたらし団子風にしたり、タンミョンをクリームソースでパスタ風にしたりして楽しんでいきたいと思っています♪

 

 

2020年7月現在、コロナの影響で外出しづらい状態が続いています。

おうち時間が長い今だからこそ、新しい食材にチャレンジするととても楽しいですよ!

 

関連記事