材料を混ぜてフライパンで焼くだけ!もちもちブリトー生地レシピ♪

mochimi mochimi | 2020年09月07日

材料を混ぜて焼くだけで簡単に作れる「ブリトー生地」。冷めてもしっとりもちもち食感&作り置きもできるレシピです!ブリトーはお好きな具材を巻いて手軽に食べられるので、お子様にも人気のメニュー♪試してみてくださいね☆

ブリトー生地の材料

 

 

<材料(約2人前)>

■薄力粉…大さじ7杯

■片栗粉…大さじ2.5杯

■塩…ひとつまみ

■水…200cc

 

片栗粉を入れることで、もちもちの柔らか食感に仕上がります♪

 

 

作っていきましょう♪

 

①全ての材料をボウルに入れ、ダマがなくなるまでよくかき混ぜる

 

 

 

②中火で熱したフライパンに、生地をゆっくり流し入れる

 

 

〜ポイント〜

流し入れる生地の量は、お好みの大きさになるように調節してください♪フライパンに生地がくっついてしまいそうな場合は、オリーブオイルやサラダ油をあらかじめ引いておきましょう。

 

 

③中火で両面を焼く

 

 

焼き目がついたらOKです。

 

 

④完成!

 

 

冷めても美味しい、もちもち食感のブリトー生地の完成です♪お好きな具材を巻いてみてくださいね。

 

 

 

デザートブリトーにアレンジ

 

・もちもちチョコクレープ風生地

 

 

<材料(約2人前)>

■薄力粉…大さじ7杯

■片栗粉…大さじ2.5杯

■ココアパウダー…大さじ2杯

■豆乳(牛乳)…200cc

 

豆乳は、無調整のものを使うと甘さ控えめになります♪豆乳がない場合、牛乳でも問題ありません。

作り方はブリトー生地と一緒でOKです。

 

 

①全ての材料をボウルに入れ、ダマがなくなるまでよくかき混ぜる

 

 

〜ポイント〜

プレーンタイプよりダマになりやすいので注意してください。

 

 

②弱火で熱したフライパンに、生地をゆっくり流し入れる

 

 

〜ポイント〜

プレーンタイプと比べ、生地が固くなりやすいので最初は弱火に設定しましょう♪

 

 

③流し入れた生地を、中火で焼き目がつくまで両面焼く

 

 

 

④完成!

 

 

フルーツやアイスなどを巻いて、オリジナルデザートブリトーを作りましょう☆

 

 

 

お弁当にも♪

 

・ラップサンド

 

<作り方>

 

①ブリトー生地をラップの上に乗せる

 

 

 

②具材を乗せる

 

 

〜ポイント〜

ブリトー生地の中心に、野菜やおかずなどたっぷり乗せましょう♪

 

 

③生地の端から具材がこぼれないようにしっかり包む

 

 

〜ポイント〜

形が崩れないように、きつめにしっかり包みましょう。

 

 

④ラップの両端を止める

 

 

 

⑤完成!

 

 

半分に切ると食べやすくなり、見た目もおしゃれですね☆

 

 

 

時間のない日の朝ごはんに!

 

材料を混ぜて焼くだけで、簡単に作ることができるブリトー生地。冷凍保存が可能なので、作り置きしておくのがオススメです♪

 

 

〜ポイント〜

一枚ずつラップで包み、フリーザーバッグなどに入れて保存しましょう。1週間程度を目安に食べ切ってください。

 

 

冷凍しておいた生地をレンジで温め、お好きなおかずや野菜を巻くだけで、あっという間に食べ応えのあるブリトーに大変身!片手で食べられるのも魅力的ですね♪

自分だけのお気に入りブリトーを作ってみてください☆

 

※同じような料理である「ブリトー」と「トルティーヤ」ですが、ブリトーは主に小麦粉、トルティーヤは主にトウモロコシが原料のようです。いろいろな基準があるようなので、気になる方は検索してくださいね。

 

関連記事