超便利!袋のラップ「アイラップ」で作る簡単&美味しいレシピ3種♪

mochimi mochimi | 2020年09月09日

袋のラップ「アイラップ」。耐久性・耐熱性に優れており、食材を袋に入れたままレンジで加熱したり、熱湯に入れたりすることができます。冷蔵と冷凍も可能なので、調理の幅も広がりますね♪今回はそんな万能ポリ袋アイラップを活用したレシピをご紹介します。

和風じゃがバター

 

 

<材料(2人前)>

■じゃがいも…3個

■削り節…大さじ山盛り4杯程度

■醤油…小さじ2杯

■みりん…小さじ1杯

■にんにくペースト…少々

■バター…適量

 

 

①じゃがいもをよく洗い、皮付きのまま一口大に切る

 

 

 

②アイラップに入れたら口をゆるく閉じ、耐熱皿(ボウルでもOK)に乗せて電子レンジで約5〜8分加熱する

 

 

〜注意〜

加熱中に破裂する可能性があるので、アイラップの口は縛らないでください。

 

 

③袋の中に、醤油・みりん・にんにくを入れ、優しく揉み込む

 

 

じゃがいもが熱いうちに味付けすることで、味の染み込みが良くなります♪

 

 

〜ポイント〜

じゃがいもが熱くなっているのでやけどに注意してください。鍋つかみなどを付けた状態で揉み込みましょう♪

 

 

⑤削り節を入れる

 

 

〜ポイント〜

削り節をまんべんなくじゃがいもにまぶしましょう♪

 

 

⑥お皿に盛り付けて、仕上げにバターを乗せたら完成!

 

 

和風味でごはんのおかずにぴったりですね☆

 

 

 

なすの煮浸し風

 

 

<材料(2人前)>

■茄子…2本

■めんつゆ(2倍濃縮タイプ)…大さじ1.5杯

■生姜ペースト(チューブでもOK)…小さじ1.5杯

■胡麻油…小さじ2杯

■水…大さじ1杯

 

 

①茄子のヘタを切り落とす

 

 

 

②食べやすい大きさに切る

 

 

〜ポイント〜

味が染み込みやすくするため、皮に切れ目を入れましょう♪

 

 

 

③アイラップに、茄子・めんつゆ・生姜ペースト・胡麻油・水を入れる

 

 

 

④アイラップの口をゆるく閉じ、耐熱皿(ボウルでもOK)に乗せ、電子レンジで約5分加熱する

※こちらも、アイラップの口は縛らないでください。

 

 

〜ポイント〜

茄子が柔らかくなるまで、様子を見つつ加熱時間を調節しましょう♪

 

 

⑤完成!

 

 

仕上げに七味ネギを散らしても美味しいです☆

 

 

 

鶏ハム

 

 

<材料(2人前)>

■鶏胸肉…1枚

■塩胡椒…少々

■鶏ガラスープの素…小さじ1.5杯

■料理酒…大さじ1杯

■オリーブオイル…大さじ1杯

 

 

①鶏胸肉をフォークで全体的に刺す

 

 

〜ポイント〜

味が染み込みやすくなるように、たくさん穴を開けましょう♪

 

 

②アイラップに、鶏胸肉・調味料・オリーブオイルを入れ、よく揉み込む

 

 

お好みでにんにくペーストハーブを入れても◎

 

 

 

③空気を抜いて口を縛る

 

 

 

④鍋にたっぷりと水を張り、沸騰させたら一度火を止める

 

 

〜ポイント〜

鶏胸肉が完全に浸かるように、たっぷりとお湯を沸かしましょう。

 

 

⑤耐熱皿に乗せた鶏胸肉を入れ、弱火で約15分茹でる

 

 

〜ポイント〜

アイラップが直接鍋はだに触れないように、耐熱皿ごと鶏胸肉を入れましょう♪

 

 

⑥食べやすい大きさに切り分けたら完成!

 

 

〜注意〜

鍋から取り出した直後は非常に熱くなっているので、やけどに注意してください

 

 

冷めても柔らかくジューシーでとても美味しいです☆アイラップに残った茹で汁は、旨味が凝縮されていているので、ソースとして鶏ハムに付けて食べるのがオススメです♪

 

 

 

アイラップで簡単おかず作り

 

 

食器や調理器具を汚さず、電子レンジ調理で時短&簡単におかずを作れる「アイラップ」。調理だけでなく食品の保存もできるので、自分だけの活用法を見つけて試してみてくださいね♪

 

 

関連記事