動画あり!アスリートも実践!ほどけにくい靴紐の結び方「イアンノット」

Flapjack Flapjack | 2020年11月09日

子どもとの散歩や外遊びなど、スニーカーを履く機会は意外とあるもの。そんなときに靴紐がほどけると、いちいち結び直すのは面倒ですよね。そこでオススメなのが、「イアンノット」という結び方!簡単なので、動画を交えてご説明します♪

 

イアンノットとは

 

数えるときりがないほどたくさんある、靴紐の結び方。イアンノットは、その中でも特にほどけにくいとされる結び方です。イアン結びや、イアンセキュアノットなどと呼ばれることもあります。

 

この結び方は、プロのスポーツ選手が実践していることでも有名な結び方

見た目は通常の蝶結びと変わりないのですが、本当にほどけにくいんです。

 

 

さっそくやってみましょう!

結び方を動画にしてみました。難しいところはスロー再生にしていますので、一緒にやってみましょう♪

 

 

 

ほどくときも簡単

ほどきかたは蝶結びと一緒!結ぶときのように難しいことはありません。

 

 

 

スニーカー以外にも使えます

 

すぐにほどけていたモカシンの革製で固い靴紐も、イアンノットを実践したら、ぐっとほどけにくくなりました。

立体的な断面の靴紐(革靴に使われる丸い靴紐や、上記のような四角い靴紐)は、ほどけやすいものが多いのですが、そんなときこそこのイアンノットを活用してみてください!

 

※蝶結びより紐を長く使って結ぶため、短い靴紐だと結べないことがあります。

 

 

蝶結びをマスターしたお子さんにもぜひ!

 

左は8歳の子供が普段履いているスニーカーです。

覚えるまでに時間がかかりましたが、イアンノットをマスターして自分で結びました

以前は蝶結びをしていましたがとにかくほどけやすく、体育のときや通学中に結び直すこともしばしば。イアンノットをマスターしてからは、ほどけることなく快適に履けているとのことでした♪

 

 

たかが靴紐、されど靴紐。

ほどけにくい靴紐は、生活のクオリティ(QOL)を少しだけ上げてくれましたよ

 

 

関連記事