組立方法!タンスのゲンの学習チェア(木製)はママでも簡単♪

ろっこ ろっこ | 2016年10月02日

家具探しでネット通販を利用すると、飛躍的に多くの商品を見比べることができるので楽ですよね?自宅からチェックすればその場で寸法シュミレーションもできるので◎。でも、主婦ママの一番の気がかりは組立。「自分で組み立てるの苦手……、旦那はやってくれないし……」。今回は「タンスのゲンの学習チェア」の組立方法を紹介します!購入を検討している人は楽に作れるのでご参考までに♪

 

タンスのゲンの学習椅子(木製)って?

今回組立方法を紹介する「タンスのゲン」の学習椅子(木製)は、学習椅子に求める条件が満たされているのに低価格な木製チェア。インテリアにもマッチするので「リビング学習派」のお家にもおすすめの商品です。

 

【☆過去記事参考:リビング学習の椅子!タンスのゲン木製チェアが高アベレージ!

dsc04734

  • リビングにマッチする木製、バリエ3色
  • 座面クッション有り
  • 高さ調節機能有り
  • 椅子下の「棚板」収納
  • 1万円以下の安心価格で送料無料!

 

今回は、「気になるけれど、組立に自信がない……」と迷っている主婦ママのための、組立実況中継です!画像付で手順がわかると、苦手な人もかなり気分が楽になりますからね♪

 

 

 

組立説明がシンプルすぎ(笑)

商品に添付されている組立説明は、パーツ説明も合わせて紙1枚。以下画像の通りですが……。「シンプルな説明=簡単」と思えない人も主婦ママには多いですよね。私もそのうちの1人で組立品が苦手なタイプですが、そんな私でも手軽にできます!

 

dsc04740

 

 

 

パーツ紹介(確認)

ダンボールを開封すると、座面×1、フレーム×2、背もたれ×1、棚板×1、足置き×1。あと組立部品(ボルト2種、木ダボ、六角レンチ)と説明書が入っています。

 

 

dsc04704

 

組立は必ず2人以上で行ってくださいと書かれていますが、1人でも可能です(もちろん自己責任)。なお、私のアシスタントは5才次男。こんな小さな子どもでも充分戦力になるほど、組立は簡単ですよ!

 

dsc04705

 

 

 

1.フレームに背もたれを連結する

まず出すのは左右のフレームと背もたれのパーツ。部品は「木ダボ(53)」と「ボルト&ナット(52)」と、「六角レンチ(54)です。

 

dsc04706

 

背もたれと左右フレームの配置は以下画像参照。フレームの左右は「足置きの“溝”」が内側にくるように配置するのが正解。

 

dsc04707

 

留め具は以下画像を参考に、「木ダボ」が内側上の穴。ボルトは外側から差し、ナットは下の穴から入れて留めます。

 

dsc04710

 

組立系苦手主婦の私にとってはここが最も理解しにくかった箇所(笑)ナットには「+」マークがついているので、穴の中でズレ動かないようドライバーを使うのが便利ですよ!

 

dsc04709dsc04715

 

 

 

座面を連結

 

フレームができたら次は座面の準備。ナットのついていない「ボルト(51)」を使います。

 

dsc04717

 

高さ調節できるよう穴が4つ空いているので、子どもの体型とリビングテーブルに合うような位置に仮止め!

※ボルトを仮止めする作業は全て5才次男がやりました♪

 

dsc04721

 

 

足置きをつける

次は足置きを連結。取り付けたフレーム内側にある溝に「足置き」を差しこみ、ボルトで留めます。高さは2段階あるので子どもの体型に合わせて選択。

 

dsc04724

 

 

棚板を連結

棚板パーツは、よく見ると「板」が支えの中央についていません。付ける方向によって、床から棚までの空間と荷物のひっかかりの高さが“多少”異なると思います。

 

dsc04725

説明書に裏表は書いていないのですが、私は「検品シール」が裏面になるように連結しました。

 

dsc04726

 

 

 

本締めして完成!

ここまで説明した座面、足置き、棚板の仮止めは、もちろん左右どちらの面も行います。全ての仮止めができたら、本体にゆがみがないか真っすぐにして調節確認し、本締めしてできあがりです!

 

 

 

最後に

ちょっぴり欲しいと思った家具でも、「組立」と聞くだけで敬遠してしまうことってありますよね?「タンスのゲン」の学習椅子(木製)は、特別な工具も使わず、組立苦手系のママでも大丈夫!機能アベレージが高いのにお値段が安いので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

dsc04741

 

▼記事の関連情報

関連記事