2歳からおすすめ♪文字が学べる絵本「でんしゃ じてん」シリーズ!

ayamamo ayamamo | 2021年01月22日

視覚デザイン研究所の「でんしゃ じてん」シリーズは、電車好きの子どもたちなら夢中になること間違いなし!文字や数字をなぞって学べるだけでなく、子どもを飽きさせない工夫がたっぷりの楽しい絵本です♪お出かけに持ち運びやすいコンパクトさも魅力です。

視覚デザイン研究所の「でんしゃ じてん」とは?

 

「でんしゃ じてん」シリーズは、電車を通じて文字や数字などを楽しく学べる絵本です。

 

このシリーズは、大きな文字の中に線路が走っている描写が特徴的。

線路を指でなぞって遊ぶことで、自然と文字そのものや書き順を覚えられるというシステムです♪

 

 

絵本には新幹線や特急など人気の電車だけでなく、全国各地のローカル電車も出てきます。1冊読むと旅をしたような気分にも!情報量もたっぷりで大人でも楽しめますよ。

 

 

 

商品情報「でんしゃ じてん」シリーズ

サイズ :A5変型(192×174mm)
ページ数:96P

 

 

「あいうえお でんしゃ じてん」

 

おもに学べること

「あ」から「ん」までのひらがなの読み方、形や書き順

 

ひらがなは1つずつ見開きページで学べるようになっていて、「なぞれる線路の文字」や「そのひらがなが使われている電車や駅」などが載っています。

 

この絵本の楽しいところは、見開きページに

同じ文字を使った言葉がたくさんでてくること!

 

例えば「」のページの場合、新幹線のがやき、なざわ駅、「にたべたい」というセリフなど、「か」のつく言葉がたくさんのっています。子どもはそれを読むだけで大喜びです。

 

わが子は、のページに出てくる電車「スーパーくと」が大好きになり、函館まで乗りに行きました!実際に乗ると、イラストの電車が身近に感じられて絵本をさらによく読むようになりました。

 

 

 

「かずと すうじの でんしゃ じてん」

 

 

おもに学べること

  • 1から10の数字の読み方、形や書き順
  • 1から100までのかずの数え方
  • 数字の役割(時間・スピード・長さ・値段など)

「1」から「10」の数字は、見開きページでしっかりと学べます。それぞれのページには「なぞれる線路の数字」や「その数字の読み方に関係する電車(3の場合は、サンダーバード)」などがのっています。

 

この絵本のおすすめポイントは、1から100までのかずを

全国の車両が連結した100両の電車で数えること!

いろいろな電車が次々と出てくるので、子どもは飽きずに楽しく数えられます。

 

わが子は、この絵本で1から100まで数えられるようになりました。親も100まで一緒に数えるのは大変でしたが、子どもは何回やっても楽しく最後まで数えられるのが驚きでした。

 

 

 

「ABCの でんしゃ じてん」

 

 

おもに学べること

  • 「A・a」から「Z・z」までのアルファベットの読み方、形や書き順
  • 英単語簡単な英会話

 

前半ページは、アルファベットの大文字・小文字をセットで学びます。ひらがな・数字で定番の「なぞれる線路のアルファベット」がのっています。

後半ページは、英単語や簡単な英会話の紹介です。子どもたちに分かりやすい場所を取り上げているので、身近に感じやすいです。ただ、英単語は幼児には難しいと感じられるものも含まれています。

 

この絵本の嬉しいポイントは、

すべての英語に発音の読みが書かれていること!

発音があやふやな単語でも自信を持って読むことができますよ。

 

アルファベットの書き順が学べるのがいいです!特に、書き始めは「電車が止まっている位置」というのがとても分かりやすくて、子どもが迷わずに指でなぞれました。

 

 

 

対象年齢は?

 

絵本の裏表紙に、おすすめの年齢が書かれています。

  • 親子で一緒に読むなら2歳~
  • 1人で読むなら5歳~

 

わが家では、息子が2歳のときに「あいうえお でんしゃ じてん」を購入し、その後「かずと すうじの でんしゃ じてん」「ABCの でんしゃ じてん」を追加して、3冊とも読み続けています。

 

今は5歳で購入当初に比べると読む機会は減っていますが、読むたびにいろいろな発見をして学ぶことがあるので、長く使える絵本だと実感しています☆

 

 

2020年3月に発行された「カタカナ せかいの でんしゃ じてん」も購入予定です。

 

 

電車のイラストはとても味があり、ページの細かいデザインやカラフルな色づかいも素敵です。筆者は、ぱらぱらとページをめくっているうちに読みふけっていることがしばしば……。

大人が読んでも楽しめるシリーズ!もしお持ちでなければ、1度読んでみることをおすすめします♪

 

関連記事