猫マンガ|ニャンことば!其の2「ただの通過点さ」

夏目 にゃん子 夏目 にゃん子 | 2021年01月25日

猫に踏まれてそのまま通過されることありませんか?飼い主的にはあまり好感のもてる態度ではないものの、実はかまってほしい、気を引きたいという心の現れだとも聞きます。でも実際に踏みつけられた娘は、猫からの愛情を感じることはできないようです。

 

【ただの通過点さ】

―「ニャンことば!」其の2―

 

宿題の音読をしていた娘。

母は毎日同じ物語を聞かされて、

飽きてはいるものの、

一応真面目に聞いていました。

 

でも猫さん的には

「自分(猫)をながしろにされた」

っとでも思ったのでしょう……

 

↓こんな行動に↓

 

 

猫が飼い主を踏む理由に

挨拶・愛情表現などとありますが、

娘に対しては、もしかしたら

人生を教えていたのかもしれません。

 

 

【本日の ニャンことば】

通過点ではなく、

『目的地』となるような

女になりなされ。

(しっかり勉強していい女におなり)

 


 

salviaオリジナル 猫 日めくりカレンダー

「日々。猫喝!」

~あなたに贈る「ニャンことば」~

ただいま予約受付中!!

 

 

ご購入は↓コチラから

creema|日めくりカレンダー「日々。猫喝!」

minne|日めくりカレンダー「日々。猫喝!」

BASE|日めくりカレンダー「日々。猫喝!」

 

 

関連記事