忙しい週末に限って給食白衣のお洗濯!?干す前にアイロンが楽!

ろっこ ろっこ | 2016年12月02日

小学生は月に一度くらいのペースで給食当番がまわってきます。金曜日の下校時に持ち帰ってくるその白衣ですが「今週に限って!?」なんてタイミングが微妙なこと、ありますよね?土日に早朝から外出の予定が詰まっていたり、荒天で洗濯物が溜っていると洗濯サイクルが上手くいかないので、白衣が増えただけでイライラしたりするものです(笑)今回は多忙な週末に、少しでも楽に白衣洗濯ができるちょっとした方法をご紹介します!

 

日曜夜の「アイロンがけしなくちゃ……」

金曜日の放課後に持ち帰ってきた白衣。洗って干してさらに仕上げにアイロンがけをしなくてはならないので、土日が忙しいと、日曜日夜にしわ寄せが。疲れ切った日用の最後に「あっ、白衣、アイロンかけるんだった……(涙)」と、夜な夜な作業をしたこと、ありますよね?日曜日の夜に想いだせばまだしも、すっかり忘れていて月曜日の朝に「アイロンかけてない!」とバタバタした経験もあるかもしれません。

 

20262c96366e7e65de99a6dd07ece999_s

 

 

アイロンは“干す前に”!!

通常、洗濯機で回した白衣は物干しざおに直行ですが、多忙な時は“先にアイロンがけ”をしてしまうのがポイント!スケジュール的にも、雨天時の洗濯蓄積にも、ダブルで一役かってくれるはず!!

 

  • アイロン作業を前倒しで済ませられるので、土日スケジュール多忙時にも安心
  • 悪天候で洗濯がたまっている時にも、乾きやすい前処理的な役割を果たす
  • 洗い、脱水、乾燥と同時にアイロンがけまで終わるので忘れず効率的

 

dsc04738

 

 

検証!実際にかけてみた

これまで白衣が100%乾いてからアイロンをしていたのですが、脱水機からあげた段階でのアイロンがけはその他メリットも!?乾いた白衣にアイロンがけをするよりも、“かけやすい”印象が!!シワ伸ばしのための霧吹きも不要だし、失敗してもすぐ習性OK!

 

dsc04740

 

袖や縫い目の部分はアイロンだけでは乾かないので、一度はハンガーにつるして乾かします。なお、素材が綿100%だったらアイロンは高温でも大丈夫なようですが、混紡の場合はやや低め設定が良いようですよ。

 

dsc04741

 

 

ピンチ!月曜朝の「洗い忘れてた!」

月曜朝に「洗うの忘れてた!!」なんて緊急事態の時、本当に焦りますよね?自分の洗い忘れならまだしも、子どもの出し忘れだった場合は怒り炸裂!!なんて、ママって案外自分中心ですよね~(笑)

 

dsc04739

 

乾燥前にアイロンがけをすれば、朝、40分の時間で白衣洗濯が間に合うかも!?

至急手洗(5分)→洗濯機で脱水(5分)→アイロン(15分)→ドライヤーで縫い目乾燥(15分)

ただし朝のタイムロス40分はかなり痛いので、我が家の場合だと「手洗」と「ドライヤー」の作業の計20分は子どもに任せるので母は実質15分の作業です(笑)

 

 

最後に

いかがでしたか?給食当番で使った白衣、洗濯と乾燥の流れでアイロンを済ませておくのは、主婦スケジュール的に好都合。作業を一括することで、気持ちも時間もちょっぴり楽に!?気になる方はお試ししてみてくださいね。

 

 

なお、かつては常識だった給食当番の白衣を“アイロンがけして戻す”こと。ですが、学校によっては白衣の材質の関係なのか、アイロンがけは義務化されていないところもあるようです。また義務化されていてもアイロンがけをスルーしているママもちらほらいるようですね。

 

関連記事