作る・遊ぶ・飾る!セリアの「ブロックプラネット」はコスパ抜群!

ayamamo ayamamo | 2021年03月30日

「ブロックプラネット」は、セリアの子ども向けブロック。恐竜や動物シリーズなど各6種類ずつあります。作った後はパーツを動かして遊べ、さらに6体を合体させて別の生き物を作ることも可能!100均とは思えないクオリティで、コスパ抜群のおもちゃです♪

「ブロックプラネット」とは

 

「ブロックプラネット」は、恐竜や動物などを組み立てる小さめのブロック型おもちゃです。

各シリーズで全6種類同シリーズ6種類分のブロックを合体させるとシークレットの生き物が完成します。

 

 

わが家は、恐竜のシリーズである「ダイナソーズ」を6種類すべて購入しました。実際に使ってみて気づいたことや、おすすめのポイントをご紹介します。

 

■商品情報

商品名  :「ブロックプラネット」(ダイナソーズ)
対象年齢 :6歳以上
ブロック数:30個前後(1箱あたり)

 

 

 

「ブロックプラネット」のおすすめポイント

■ブロックが小さすぎない

 

100均のブロックは、ダイソーの「プチブロック」セリアの「キッズブロック(マイクロブロック)」など、ナノブロックに似たとても小さいサイズのブロックが多いのが特徴です。

その点「ブロックプラネット」は、レゴに似た形や大きさのブロックもあり、子どもでも扱いやすいサイズだと感じました。

 

 

左がレゴで、右が「ブロックプラネット」のブロックです。

1体あたりのパーツが少なめなので、完成するのにかかった時間は10分ほどでした。

 

 

■完成した恐竜は動かして遊べる!

 

完成した恐竜は、100均とは思えないしっかりとしたつくり。顔・足・しっぽなどを動かして遊ぶことができます。恐竜同士を戦わせるなど、アクティブな遊び方もお手の物です♪

※パーツには個体差があり、外れやすいものもあります。

 

 

 

レゴとの互換性はありませんが、完成した恐竜はレゴの作品と似ているので、違和感なく混ぜて遊んでいます。

 

 

 

6種類分のブロックで「ゴッドザウルス」に!

 

「ブロックプラネット」は、どのシリーズも6種類分のブロックを合体させて、別のシークレットの生き物を作ることができます♪

6種類合体させると、恐竜は「ゴッドザウルス」動物は「キングバッファロー」虫は「キングインセクト」ができ上がります。

 

 

■注意すること

 

「ゴッドザウルス」などを組み立てるには、各箱に入っている説明書を6枚すべてそろえる必要があります。1体ずつ作った後、説明書を捨てないように気をつけてくださいね。

 

 

 

外出のときにもおすすめ!

 

「ブロックプラネット」は、外出のときに持っていくのもおすすめです。

  • 箱のサイズがコンパクト
  • ブロックの数が少ない
  • 簡単に組み立てられる
  • ブロックが余らない
  • 完成したブロックで遊べる

 

一度組み立てたブロックを崩して、繰り返し作ることも可能です。

「ブロックプラネット」は、ブロックを組み立てるだけで終わらない、コスパが抜群にいいおもちゃといえます。

 

 

 

IKEA×レゴの「ビッグレク」の収納ボックスに

 

IKEAとレゴのコラボレーション商品である、「ビックレク」。この「ビックレク」専用の収納ボックスが、「ブロックプラネット」の収納にぴったりなんです!

わが家ではレゴと合わせて遊ぶことが多いため、「ビッグレク」の収納ボックスが保管場所として定着しました。

 

ビッグレクについて気になる方は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

 

 

 

今回ご紹介した「ブロックプラネット」は、セリアで購入することができます。100均は便利グッズの宝庫ですが、コスパがいいおもちゃも多いです。

コロナ禍の現在は、ふらっとウィンドウショッピングするのは難しいですが、おもちゃコーナーを短時間のぞいてみるだけで、おもしろいおもちゃが見つかるかもしれません♪

 

※セリアの店舗によって在庫は異なります。売り切れの場合もあるので、購入の際はご注意ください。

 

 

関連記事