おうち時間を楽しむ!おすすめカードゲーム「ナンジャモンジャ」

SORA SORA | 2021年04月27日

おうち時間が増える中、人気が再燃しているボードゲームやカードゲーム。大人から子どもまで楽しめると、SNSなどで話題となっています。たくさんのゲームの中から、今回は年齢問わず遊べるカードゲーム「ナンジャモンジャ」をご紹介します♪

「ナンジャモンジャ」とは

 

「ナンジャモンジャ」はロシア生まれのカードゲームです。

トランプほどの大きさのカードには数字ではなく、ちょっと不思議な生き物・ナンジャモンジャたちの絵が描かれています。

見た目にもカラフルでかわいらしいカードが、楽しい遊び時間を盛り上げてくれますよ♪

 

遊び方もとっても簡単!

小さな子どもでも理解できる単純なルールなので、親子で遊ぶゲームとしてもおすすめです。

 

 

アイテムと遊び方の紹介

 

【箱の内容物】

・ナンジャモンジャカード(12種類・60枚)

・遊び方説明書

対象年齢は4歳~大人までとなっていて、2~6人で遊べます。

こちらは「ミドリ」の箱で、ほかにも「シロ」という別パッケージの商品もあります。

 

 

 【ゲームの遊び方】

カードを裏向きにして、山札としてテーブルに置きます。

 

じゃんけんなどで順番を決め、山札からカードを1枚めくり、表向きにして山札の横に置きます。

 

カードをめくった人が、そのカードに描かれたナンジャモンジャに適当に名前をつけます。

名前は、絵から連想するものでも、全くの思いつきでも何でもOK!

例えば、このナンジャモンジャには「けろっぴ」と名づけ、この名前を覚えておきます。

 

再び、次の順番の人が山札からカードを1枚めくり、先程の「けろっぴ」の上に重ねます。

 

カードをめくった人が名前をつけます。例えば、「うりぼー」

それぞれのナンジャモンジャにつけた名前を覚えながら、これを繰り返していきます。

 

 

 

「とげピー」

 

 

 

「メアリー」

 

 

上の手順を繰り返していくと、そのうちに同じ絵のカードが出てきます。

すでに名前をつけられたカードですね。

 

 

すでに名前をつけられたナンジャモンジャカードが出たら、名づけられた名前をさけびましょう。

「メアリー!」

 

1番早く名前を言えた人が、その場にあるすべてのカードをごほうびにもらえます♪

 

そしてまた、1枚目のカードをめくるところから再スタートです。

 

山札のカードがなくなるまで続けて、最後に1番カードを多く持っている人の勝ちです!

 

 

 

単純なルールだからこそ、面白い!

 

 

ナンジャモンジャのルールは、とってもシンプルです。

自由な発想で、好きな名前をつけて、覚える!

 

単純だからこそ、年齢問わず誰にでも勝算があるので、大人も子どもも楽しめます。

発想力記憶力想像力、さまざまな能力を鍛えることも!

良い脳トレになりますよ♪

 

おうち時間を楽しむためのアイテムとして、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

 

関連記事