どうするハロウィン!?面倒なら……ロリポップだけでも子どもは喜ぶ♡

ろっこ ろっこ | 2016年10月10日

「ハロウィンって面倒……」。子どもが小さい頃はスルーしてきたハロウィンですが、幼稚園や保育園になると「うちではパーティしないの?」なんて聞かれることもありますよね?でも、イベント熱の低いママにとっては息苦しい質問……。今回は、仮装やパーティは園行事などにお譲りして(笑)、自宅でさらりとハロウィン気あじわえるロリポップのご案内です!雰囲気だけでもごまかせるかな!?

 

巨飴!?メガサイズ!?

ビッグサイズのお菓子は、子どもにとってはファンタジー☆まるで童話の世界に迷い込んだ大きなロリーポップが目を引きます。「こんな巨大飴食べられないし…」というママも心配無用!これはロリーポップの形をした容器!!中に、フルーツフレーバーが15本入っているので、安心ですよ♪

 

※サイズ:高350mm×奥行120mm×幅120mm

 

 

 

食べながら、「ぶちゅぅ~♡」

唇の形をしたロリポップ。大人の顔でもしっかり口元カバーできるサイズなので、食べながら面白い写真を撮るのもお楽しみ♪豪快な「ぶっちゅぅ~♡」は、ストロベリーの味♪

 

※飴の大きさ:1本あたり約70mmx30mm、重さ約30g

 

 

 

ジョリーランチャー!

アメリカで人気の「ジョリーランチャー」のロリポップ。スカルやゴースト、パンプキンのデザインで、フレーバーはピンクレモネード、グリーンアップル、スイカ、チェリーの甘酸っぱい4種。

 

※内容量:1袋257g(約22本)

 

 

ペロペロキャンディー

ぐるぐる巻かれるデザインのペロペロキャンディーって、なぜか子ども心をくするりますよね?中央にゴー度となどのハロウィンモチーフがついていたら、よりテンションあがりそう!

 

※サイズ:240×90×15mm

 

 

 

光るキャンディ!

キャンディと光るライトという、子どもにとって最強タッグの1品!スティック部分を押すとライトが付き、カボチャのキャンディが光るそうです。

 

 

 

 

チョコレートポップ

キャンディだけでなく、子どもはチョコレートも大好き!可愛いハロウィンモチーフで気分もウキウキに♪

 

※モチーフはパンプキン・ゴースト・キャット。各約25g

 

「ティム・バートンのナイトメアー・ビフォア・クリスマス」がしきつめられたロリポップチョコレート。ギフトにもでちゃうので食べるのがもったいないくらい!?

 

 

 

 

素敵すぎる「ケーキポップ」

スイーツ店の提供するハロウィンケーキポップはやっぱり魅力的!ジャック・オ・ランタンのオレンジ味、ゴーストはモカ、魔女帽子はショコラ。材料にもこだわった、装いも味も華やかなケーキポップ!

 

※サイズ:直径5㎝×高2.5㎝×長さ13㎝(ピック含む)

 

 

 

最後に

大人になると飴は、「おやつ」という意識が薄くなりませんか?喉をうるおし乾燥を防いだり、お口の中を爽やかにするなど何気なく口に放り込める食べ物というイメージ。でも、子ども目線に戻ると飴ってけっこう嬉しい「お菓子」なんですよね!特に棒付はなぜか嬉しいみたいなのでロリポップは最適かもしれません。普段食べているキャンディと違った色や形、デザインで特別感を演出してみてはいかがですか?ただのロリポップだけでも、心がHAPPYになれるかもしれないですよ―。

 

lollipop-729122_960_720

 

 

 

関連記事