子どもがハマる「エビカニクス(ケロポンズ)」!ママの楽に活用♪

ろっこ ろっこ | 2016年10月14日

「エビカニクス」って知っていますか?「エビカニクス」とは、保育園や幼稚園児の間でブームになっている歌で、妖怪体操に次ぐとされているケロポンズの曲です!単調なメロディと繰り返し系の歌詞が、子どもにどハマり!!小さい子連れ親子にはパーフェクトな認知度なのだそうですが、今回は子どもが大好きな「エビカニクス」を活用して、ママが楽できる実用性がないか考えてみました!

 

エビカニクスとは

「エビカニクス」を知らない人は、まずはぜひ一度視聴してください!ちょっと聞いただけでも、昔から知っているかのような馴染みのある曲調で、何か引きつけられる感じがする歌です。単調なメロディと繰り返しの歌詞は、子どもがハマる鉄板要素!耳に残るので気づくと口ずさんでしまいますよ♪

 

 

 

 

「お片づけ」に活用♪

曲のノリが良くやる気が沸いてくるような「エビカニクス」。演奏時間は2分半ほどと短く、それらの特徴を活かせるのが「お片づけ」!オモチャで散らかった部屋を片付けるカウントダウンの「エビカニクス」を使うのです♪「曲が終わるまでに片付けちゃおうね!」と、音楽スタート!!

 

25178b52065c7360fde32b8b4f3a2a73_s

 

  • テンポの良い曲なので、子どもの動作も速やかに!
  • 元気が出るので、一生懸命お片づけをする!
  • お片づけが嫌いでも、楽しい気分になれる!
  • タイムリミット(曲が終わるまで)があるのでゲーム感覚で!
  • 2分半は、お片づけにも使いやすい演奏時間!(片付け内容によっては2回演奏を目標に)

 

 

 

 

お着替えにも活用♪

お片づけ同様、朝の着替えや登園準備、外出のお仕度にも「エビカニクス」は使えます!「エビカニクスが終わる前に、準備しちゃおう!」と言って、ミュージックスタート♪

 

 

  • いつもはタラタラしている子供も一気にお着替えに集中!
  • 子どものテンションが一気にググッと上がるので、お仕度もご機嫌に!
  • 制限時間が“目標”となり、楽しくカウントダウン!
  • 2分半の演奏は、お着替えに一生懸命になれる良い時間!

 

e422cf63193871b597832c019bc8a653_s

 

 

 

「お風呂に入っちゃいなさ~い!」にも活用♪

ママの段取りで、“今お風呂に入ってしまって欲しい時”って多いですよね?でもそんな時に限って子供は遊びに夢中。園児くらいになると、「まだ入らない~」「もうちょっと後で入る~」と言葉が達者になり、なかなか動いてくれないものです。そんな時も、「お片づけ」や「お着替え」同様、「エビカニクスが終わる前にお風呂に入らないと・・・!!」っと、曲をスタート♪

 

255bd06beb98024af88905b8a8629ed6_s

 

お風呂に“入る”だけではなく、時によっては“出る”シーンにも「エビカニクス」は活用OK!きょうだいで入っていてお風呂遊びが盛り上がってなかなか出てきてくれない事もありますよね?そんな時に「エビカニクスが終わる前に出てこないと……エビとカニになっちゃうよ!」といって、音楽スタート♪きっと、お風呂のおもちゃを片付けて、2分半以内に出てきてくれる(はず・笑)。

 

 

 

コミュニケーションついでにダイエット♪

「エビカニクス」という曲名と、その曲調から想像つくに、モチーフはエアロビクス。曲ができたきっかけは、「エアロビクスみたいに、エビカニエビカニと踊ったら楽しいじゃない?」との雑談だそうですよ。エアロビクス的に楽しく身体を動かせる曲なので、親子で一緒に踊れば子供は大喜び!ちょっぴり運動不足のママも、子どもとのコミュニケーションがてら、ダイエットに活用できちゃうかも♡

 

 

 

 

最後に

「エビカニクス」は近年人気に火がついた曲ですが、楽曲としてレコーディングされたのは15年も前のことだといいます。youtubeで公開したことで動画再生回数が1400万回を突破!幼稚園や保育園で爆発的に人気となり、体操や運動会などにも多数起用されています。

 

なお、「エビカニクス」をうたっているのは「ケロポンズ」というユニット。そのネーミングとエビとカニの着ぐるみを着てダンスする姿に「お笑い芸人」と思う人も多いようですが、ジャンルとしてはアーティストのようです。“ケロ”さんは国立音楽大学卒業の増田裕子さんで、“ポン”さんは巨漢コーラスグループの元メンバー。音楽活動を歩んできた2人なので、「エビカニクス」を皮きりに、過去の楽曲も注目されていくかもしれませんね。7月には「エビカニクス」を含むケロポンズのベストアルバムがリリースされていますよ!

 

 

今、小さい子どもたちの心をワシ掴みにしている「エビカニクス」。子供を動かす機動力として、いろいろなシーンで活用してみてはいかがでしょう?

 

 

▼記事の関連情報

関連記事