正直、ソレ迷惑!義姉からの「おさがり」がゴミ同然……。

ぽい♡ずん ぽい♡ずん | 2021年06月04日

ベビー用品や子ども服の「おさがり」は賛否両論。もらう人との関係性やその内容、物の状態によって、気持ちは大きく左右されることもある。今回は義姉からコンスタントに送られてくるという「おさがりの不満」を紹介するわ。

 

登場人物

【投稿者:めるカリカリ さん(30代女性・既婚者)】

メルさん(30代女性・投稿者)

義姉さん(40代女性・夫の姉)

 

※このお話は、義姉からのおさがりに悩むPN【めるカリカリ】さんからお寄せいただいた投稿をもととした構成です(画像はイメージ)。

 

 

何年前のベビーグッズ?

 

「おさがり」は、基本的にありがたくいただく派のメルさん。特にベビーグッズは一時だけしか使わぬものだから、使えるものは活用して節約しようという堅実タイプらしいけれど……。

 

●汚れたベビーカー

おさがりでもらったベビーカーが、とにかく汚かったそうよ。ほこりはかぶり、シートの部分にもカビやシミ。そして「ベビーカーの耐用年数って目安は3年らしいし……」。どうやら義姉の子はもう小学生。ベビーカーは購入してから10年近く経った物で、安全面でも懸念があったそうよ。

 

●搾乳器やほ乳瓶

使い古しの搾乳器とほ乳瓶。これにはドン引きだったみたいね。しかも実の姉妹のものではなく義姉の使った搾乳器。ほ乳瓶も薄汚れているし、抵抗は隠せなかったとのこと。

 

●使い古しのおもちゃ

カビっぽい汚れや変色が目立つ赤ちゃん用のおもちゃ。隙間にゴミやホコリが入り込んでいたり、噛み跡がついていたり……。結局、一度も出すことはなかったそうよ。

 

 

USED感が凄い子ども服

 

●使い込まれたスタイ

赤ちゃん用のスタイ。よだれかけという用途なので、中古のスタイは基本的に気分が良いものではない。色も褪せ気味で、部分的にミルクのシミがあり、生地がカピカピだったらしいの。

 

●トイレトレーニング用のパンツ

バッチリ使い込んで股部分が変色したトレーニング用パンツ。これって「中古=既におしっこやうんちをもらしたパンツ」ってことよね?「このくらい自分で新品を買うのに……」と思ったそうよ。

 

●5年後も着られないサイズ

まだ乳児なのに、140や150のサイズを送られても、置き場に困る。成長するまで5年後10年後保管していたら、シミも濃くなるしデザインも変わるとなげくメルさん。結局使わないものばかりなので、扱いに困るみたいよ。

 

 

「勝手にもってこないで!」でも……。

 

メルさんが9割方は使わない物を、有無を言わせず届けにくる義姉。しかも季節が変わるたびに大袋で持ってくるため、その量は累計するとかなりのものになるとか。

普通の状態ならありがたく使うそうだけど、毛玉だらけの服や袖口の黒汚れ、衿がヨレヨレのくたびれた肌着。中には柔軟剤のニオイがきついものもあり、とにかく義姉から届くおさがりがストレスで仕方がないというわ。

 

●衣類は毎回、ほとんどゴミに出している

●オモチャや雑貨は不燃物

 

事前に聞いてくれれば丁重に断れるものの、「おさがりは嬉しいでしょ!助かるでしょ!」っと、決めつけている義姉。夫のお姉さんという微妙な間柄であることと、義姉の親切心だと思っていたから、メルさんはずっと我慢していたんですって。

そしてゴミの処分と一緒に不満も捨てるよう努力してきたとか。

 

 

義姉のSNSに見た衝撃コメント!

 

義姉からの「おさがり攻撃」に堪えること数年が経ったある日。偶然見つけた義姉のSNSに衝撃のコメントが書かれていたそうよ。

 

<< 義姉のSNS >>

この前、夏の衣替えやったよ~。

仕分けが面倒だか、さっき全部「おさがり」に流したよ!

「”ゴミ”がなくなってスッキリ!爽快!!」

 

なにが

「”ゴミ”がなくなってスッキリ!」じゃ、

このヤローーッ(怒)

 

これまで『義姉の好意』であると我慢していたメルさんは、あまりにも悔しかったそうで、そのSNSにこんなコメントを入れたそうよ。

 

<< めるカリカリさんが入れた コメント >>

いつもたくさんの”ゴミ”をお送りいただき、ありがとうございます。

我が家にもゴミは必要ないので、

これからは自分でゴミを処分してくださいね。

 

それ以降、SNSが更新されることはなく、義姉からのお届け物(おさがり攻撃)も、ピタッと止まったそうよ。同時に連絡も途絶えたそうだけど、それはそれでメルさん的にはスッキリしたと言うわ。

 


 

「おさがり」はもちろん嬉しい人もいるわ。その反面、もらって困る人もいるのも現実よね。そして例え相手が同じでも、ありがたい物もあれば不要なものもある。おさがりのやりとりには、価値観のすりあわせが必要って感じだわね。

 

さてさて、あなたは大丈夫?

 

関連記事