麺がパリパリ♪「長崎・皿うどんキット」で作るスープジャー弁当!

SORA SORA | 2021年07月08日

まだまだ自粛モードが続く中、外食が難しくて職場などにお弁当を持っていく人が増加中です。でも毎日作るとなると、どうしてもメニューがマンネリ化しがち……そんな時にスープジャーが1つあれば、お弁当の幅がぐっと広がってとても便利ですよ♪

スープジャーがお弁当に便利!

 

スープジャーはその名の通り、スープを入れて持ち運ぶための容器です。

液体を入れることを前提に作られているので、密封性が抜群

しっかりフタを閉めたら、逆さにしても中身がこぼれ出す心配はありません。

 

その上、ステンレス製で真空断熱構造になっているので、保温力が凄いです!

朝、スープを入れても、お昼まで食べ頃の温度をキープしてくれます。

ここまで保温力があるとは思わなかったので、これは嬉しい驚きでした!

 

温かいスープがあるだけで食事の満足度が上がるので、かなり重宝しています♪

 

買ってよかった、おすすめの商品です。

 

 

 

スープジャー活用●長崎・皿うどん弁当

 

今回は、スープジャーを活用して、麺料理をお弁当にアレンジしてみました。

 

「長崎のご当地メニュー・皿うどん弁当」です。

いつもと違ったメニューだと、ちょっぴり旅行気分も味わえて昼食タイムが楽しくなりますよ♪

 

 

今回は、こちらの皿うどんキットを使って作ります。

 

スープつきで、とっても簡単に作れるので便利ですよ♪

※具材はご自身で用意する必要がある商品です。

 

◆餡の材料(4人前分)

  • 野菜ミックス 1袋
  • もやし 1袋
  • 冷凍シーフードミックス 50g
  • うずらの卵煮 12こ
  • 豚肉 50g
  • かまぼこ 1/2本

 

◆餡の作り方

①野菜は水洗いして、ザルで水気を切ります。かまぼこは短冊切りに、豚肉は一口サイズに切ります。

②フライパンに油をひき、豚肉を炒めます。豚肉の色が変わったら、かまぼこ、解凍したシーフードミックスを加えて軽く炒めます。

③野菜を入れて全体に混ぜ合わせながら炒めます。

④野菜が炒められたら、うずらの卵を入れ、表記通りに水で溶いた付属のスープを入れます。

⑤全体に混ぜながら加熱し、とろみがついたら餡の完成です。

 

 

あとは容器に詰めるだけなのですが、お弁当にする時のポイントです。

 

餡は、熱々の状態でスープジャーに入れてください。

 

そうすることで、食べる頃にちょうどいい温度になっています♪

 

 

容器の上限いっぱいまで入れても大丈夫です。

フタがしっかり閉まれば、こぼれることはないので安心してくださいね。

(ご自宅にあるスープジャーの使用説明書に従ってください)

 

あとは麺を別の容器に入れて、お弁当の完成です。

食べる直前に麺に餡をかけることで、麺もパリパリ餡も温かい出来たてのおいしさを味わえます♪

 

 

 

 

 

スープジャーがあればお弁当の幅が広がる!

 

スープカレーシチューパスタソースなど、こぼれやすいものもスープジャーがあれば持ち運ぶことができます。

これさえあれば、なんでもお弁当にすることができるので本当に重宝しますよ♪

 

コンビニで買ったおにぎりやパンに、野菜スープをプラスするだけでも栄養価がアップするのでおすすめです。

ぜひスープジャーを活用してみてくださいね。

 

 

関連記事