ひんやり涼しげ夏レシピ♪爽やかな「夏麺」暑さを癒やす!

桜湖 桜湖 | 2021年07月18日

夏は食欲が低下しがちな季節です。そこで、素麺と冷やし中華麺を使った「夏麺」をご紹介します。しかも、このさっぱりと食べやすい「夏レシピ」を、爽やかなテーブルコーディネートをプラス!テンションもアップして、おうちご飯がさらに楽しくなりますよ。

 

トマトダレで食べる、さっぱり素麺

 

<材料>(2人分)

・素麺(茹でる前)4束

・バジルソース(市販のもの)大さじ1
・「具」蒸しエビ、揚げなす、紫玉ねぎ、

スナップえんどう、チコリ各適量

★トマトダレの材料
ミニトマト5個、パプリカ(黄)1/8個、

レモンスライス4枚、めんつゆ300cc、

オリーブオイル大さじ3~4

 

<<下ごしらえ>>

・ミニトマトを4等分に切る。
・パプリカを6mm角に切る。
・レモンスライスを粗みじん切りにする。
・素麺を袋の表示通りに茹で、水を切る。

 

<<作り方>>

1.素麺の1/3量にバジルソースを混ぜる。
2.トマトダレの材料(★)を全て混ぜる。
3.フォークに①の素麺を巻きつけ皿に盛る。残りの素麺も2等分し、フォークに巻きつけ盛り付ける。
4.お好みで野菜やエビをのせ、トマトダレを添える。

 

 

混ぜるだけソースで簡単、エスニック和え麺

 

<材料>(2人分)

・冷やし中華麺(生)2袋

・「具」ボイルイカ60g、紅大根(またはキュウリ、

ズッキーニ、大根)約3㎝、ラディッシュ2個、

ライム1個、紫キャベツスプラウト1パック

★かけダレの材料
・スイートチリソース大さじ5

・ナンプラー大さじ1と1/2~2

・ごま油大さじ4

・レモン汁大さじ2~3

・水大さじ1~2

・生姜小さじ1

 

<<下ごしらえ>>

・紅大根(その他野菜)を千切りにする。
・ラディッシュを薄切りにする。
・ライムを輪切りにする。
・中華麺を表示通りに茹でて水で洗い、
・氷水で締めてから水気を切る。

 

<<作り方>>

1.かけダレの材料(★)を全て混ぜる。
2.皿に中華麺を盛り付けイカと野菜を散らし、かけダレを添える。

 

 

暑さを癒やす涼しげな「夏食器」

暑い日には、さっぱりとした口当たりのお料理が人気ですよね。特に「麺類」はつるっとお口に入るので、食欲がない日でも食べやすいものです。

 

今回紹介したレシピを演出した器は、AftenoonTea LIVINGの夏食器。見た面も涼しげなテーブルウェアです。

 

夏らしさをイメージさせる「美濃焼」の器

ブルーやエメラルドグリーンを色付けた和食器。落ち着きある色合いがテーブルになじみます。

 

(左上から時計周り)
蓋小皿 ¥770、蕎麦猪口 ¥1,100、取鉢 各¥1,210

蕎麦猪口 各¥660、麺皿 各¥1,320、片口 ¥1,210、小鉢 ¥770

※価格はすべて税込み。

 

青森県の伝統工芸品「津軽びいどろ」

透明ガラスの中に青や赤、黄色など多彩な色ガラスが混じり合う伝統工芸品。 この爽やかな色合いは、初夏らしい色ガラスをちりばめたアフタヌーンティーのオリジナルです。

 

麺皿 各¥2,750、グラス 各¥1,760、小鉢 各¥1,540、

レスト 各¥825、蕎麦猪口 各¥1,430

※価格はすべて税込み。

 

 

おうちご飯を素敵に

 

器が異なるだけで、料理の印象は全く変わります。ただのお総菜でも、テーブルコーディネートしだいで、おもてなし料理に見えるから食器の力は偉大です。

 

この夏は、食べやすい「夏レシピ」を涼しげに演出してみてはいかがでしょう。

 


この記事で紹介したレシピは、料理家 岡本ゆかこさんが手がけたものです。

アフタヌーンティー・ティールームに勤務後、海外の食文化を学びにサンフランシスコへ。キッチンツール会社にて店舗ディレクション・スタイリング・企画を担当。フードコーディネーターアシスタントを経て独立。

 

関連記事