雨でもできる♡おうちで「ぶどう狩り」♪子どもと一緒に楽しもう!

SORA SORA | 2021年09月24日

秋の味覚といえば「ぶどう」。フルーツ狩りは子連れに人気のお出かけイベントですよね♪しかし、子連れのお出かけはなかなか大変です。それならば発想を転換して、おうちで「ぶどう狩り」をするのはいかがでしょう?良いこと尽くしでおすすめですよ!

子連れで「ぶどう狩り」に行ってみたら

 

小さい子どもを連れてのぶどう狩りは、思った以上に大変ですよね。

子どもを抱っこして持ち上げないとぶどうに届かなかったり、頻繁にトイレにつれて行ったり……。子どものお世話をしているうちに、あっという間に制限時間になってしまうものです。

 

他にも、服が汚れたり、雨が降り出したり、予想外のハプニングが起こることも!

 

子連れでのお出かけって、楽しいけれど、ものすごく疲れますよね。

 

 

 

おうちでぶどう狩りをしてみよう!

 

そこで、親子で楽しめるぶどう狩りを考えていて思いついたのが「おうちでぶどう狩り」です♪

 

農園まで出向くから大変なんじゃない?

おうちでぶどう狩りすれば、いろいろラクなんじゃない?

と思ったわけです。

 

これが大当たり!

おうちでぶどう狩り、とっても快適でした!

 

まずは、どうやるのか、ぶどうの吊し方を紹介します。

 

 

ぶどうを吊す方法

①まず、2つ窓があるお部屋を選びます。カーテンレールにテグスを結びつけます。

 

②もう一方の窓までテグスを伸ばして、テグスの端をカーテンレールに結びます。窓から窓にテグスを渡すようにします。

このとき、子どもが手を伸ばして届く高さより少しだけ高くなるよう、床からテグスまでの高さを調整してくださいね。(あとで、ぶどうを吊すと重さで少し高さが下がります)

 

 

③テグスに造花の植物を巻き付けて飾ります(なくてもOK)

 

 

④間隔を空けてぶどうを吊します。吊すというよりも、ぶどうの果梗(房の骨組みの部分)をテグスにひっかけるだけでOKです。ぶどうが傾かないようにバランスを取りながら、ひっかけてくださいね。

 

ひっかけているだけですが、子どもがぶどうを強く引っ張っても平気でした。

ぶどうが落ちることも、テグスが切れることもありませんでしたよ。

 

あとは、ぶどう狩りを楽しむだけ!

 

1粒ずつ取って食べられます。

子どもも自分で取って食べられるのが良いですよね♪

 

 

☆準備のポイント☆

  • 複数人の子どもで楽しむ場合は、背が低くて届かない小さな子ども用に「踏み台」を用意すると便利!
  • ぶどうの品種は、「種なし」のピオーネや「皮ごと食べられる」シャインマスカットなどが、食べやすくておすすめです。

 

 

 

子どもも大人も大満足のおうち時間♪

 

「おうちでぶどう狩り」なら、大人もゆっくり果物狩りを楽しめます。

 

雨でも天気を気にせずできますし、暑ければエアコンをつけることもできます♪

子どもがトイレに行きたくなっても、おうちなら平気です♪

制限時間もないので、好きな品種を好きなだけ食べ放題♪

 

何より、子どもが手を伸ばすだけで自分でぶどうを取って食べられます!

 

子どもを持ち上げるのは大変なので、本当にラクです。

ぜひ、親子で楽しめる「おうちでぶどう狩り」試してみてくださいね♪

 

 

 


 

▼関連記事

 

 

関連記事