ワークマンの「フリースジャケット」レビュー!大人女子のコーデ術♪

木村麻衣子 木村麻衣子 | 2021年09月26日

ワークマンの「ストレッチフリースノンカラージャケット」は、別名「着る毛布」と呼ばれている人気アイテム。ふわふわな肌触りで、一度着たら病みつきになってしまう着心地なんです。今回は、着こなしのコツを秋冬着回しコーデとともにご紹介します♪

ワークマン「ストレッチフリースノンカラージャケット」

 

ワークマンのフリースジャケット、「ストレッチフリースノンカラージャケット」は、1,500円。(2021/9/24時点)

軽くてやわらかいフリース素材で、肌触りがふわふわ。包み込まれるような着心地で、「着る毛布」とも呼ばれるワークマンの人気商品です。

トレンドのビッグシルエットで、おしゃれに着こなすことができますよ♪

 

カラーは、オフホワイト・スミグレー・ブラック・キャメル・オリーブ・ブルーの6色展開

今回は、ミリタリーテイストの「オリーブ」を購入しました。

 

 

ファスナー付きポケットが便利!

 

両サイドのポケットにファスナーが付いています。

鍵や切符など、落としたら困る小物を入れておくのに安心ですね♪

 

 

 

胸ポケットにもファスナーが付いているのが嬉しい!

 

 

パイピングもポイント♪

 

襟や前開き部分、裾と袖にパイピング(布の端を、テープ状の布でくるむ加工)が施されています。

デザインのアクセントになるのはもちろん、袖のパイピングで手首から入る冷気をシャットダウン。真冬も暖かく着ることができそうです。

 

 

160cmの筆者がLサイズを着てみると…

 

Sから3Lまで、ユニセックスで着用できるサイズ展開。夫婦兼用で着れるように、大きめのLサイズを購入しました。

160cm普通体型の筆者が着てみると、大きすぎることもなくほどよいオーバーサイズ感。

袖が少し長いかな?と感じましたが、パイピングのおかげで、指先までずり下がってしまうことはありませんでした。

 

 

 

ストレッチフリースノンカラージャケットの着こなし術

メンズライクなフリースジャケット、大人世代がおしゃれに着こなすには、ちょっとしたコツがあります。

秋冬におすすめしたいコーディネートとともにご紹介します。

 

 

おしゃれに見せる着こなしテク

 

ビッグシルエットのアウターをおしゃれに着こなすには、まず「襟を抜いて着る」こと。これだけで、ぐんとこなれた印象の着こなしになります!

次に、「袖をたくし上げる」こと。手首を見せることによって、女らしさを演出できます♪

 

 

着回し➀スウェット×デニムでアクティブ公園スタイル

 

オーバーサイズスウェット×スキニーデニムのカジュアルなコーディネートにON。

お尻まで隠れるフリースジャケットなら、スキニーデニムも怖くありません!冬のレジャーや公園スタイルにもおすすめな着こなし。

 

 

着回し②ダークトーンで落ち着きある冬コーデに

 

ブラウン×ブラックのダークトーンなコーディネートにON。

落ち着いた色みでまとめることで、秋冬らしいシックなスタイリングが完成します。思い切って襟を大きく抜いて着ると、女らしさがアップしますよ。

 

 

着回し③カラーニット×柄スカートをカジュアルダウン

 

明るいオレンジニット×ドット柄スカートにON。

華やかでフェミニンなコーディネートを、メンズライクなフリースジャケットでカジュアルダウン。こなれた雰囲気の冬コーデに見せてくれます。

 

 

着回し④ワンピースをリラックスモードに

 

花柄のロングワンピースにON。

大人可愛い花柄ワンピースに、もこもこしたボアジャケットでリラックスムードを演出。ゆるりと抜け感のある、大人の休日スタイルにおすすめな着こなしです。

 

 

 

ワークマンの「着る毛布」で冬コーデを楽しもう!

 

今回は、ワークマン「ストレッチフリースノンカラージャケット」をご紹介しました。

ふわもこな肌触りと今っぽいシルエットが魅力のボアジャケット。ワークマンでぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

<<今回のコーデ・関連記事>>

 

 

関連記事