今日の献立|栄養たっぷり!豚肉+小松菜メインの和食メニュー♪

SORA SORA | 2021年12月09日

寒暖差が激しい季節の変わり目は、体も疲れやすくなります。疲れている体には、野菜やタンパク質がしっかり摂れて、胃腸にもやさしい和食メニューがおすすめです。疲労回復を助けてくれる豚肉と野菜をたっぷり使った、栄養チャージメニューをご紹介します♪

メイン:豚肉と小松菜の和風炒め

 

材料(2人分)

  • 豚肉の切り落とし 200g
  • 小松菜 1束
  • 玉ねぎ 中1/2こ
  • 白だし 大さじ1
  • 酒 大さじ1/2
  • 塩・こしょう 適量
  • にんにくのみじん切り 小さじ1

 

作り方

①小松菜は食べやすい長さに切り、玉ねぎは7mm幅でスライスします。豚肉に塩・こしょうを軽くまぶしておきます。

②フライパンに油をひき(分量外)、にんにくのみじん切りを入れて熱します。にんにくの香りが出てきたら、豚肉を入れて炒めます。お肉の色が変わってきたら玉ねぎを入れて、中火で炒めましょう。

③玉ねぎがしんなりとしてきたら小松菜を加え、酒、白だしを加えて味つけします。味が薄い場合は塩・こしょうで調整してください。

 

☆小松菜は火が通りやすいので、小松菜を加えたら手早く仕上げるのがおいしく作るポイントです。

 

 

 

副菜:にんじんのしりしり

 

材料

  • にんじん 中2本
  • ごま油 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • 白だし 小さじ1
  • 茅乃舎のだしパック 1袋分(市販の顆粒だしでもOK、その場合は小さじ1程度)
  • 砂糖 小さじ1/2
  • 塩 適量
  • すりゴマ 大さじ2

 

作り方

①にんじんを細切りにします。

②熱したフライパンにごま油をひき、①のにんじんを全量入れて中火で炒めます。

③全体に油が行き渡り、にんじんがしんなりしてきたら酒、茅乃舎のだし(袋を開いて中身だけを入れます)、白だし、砂糖を入れます。全体に調味料が行き渡るように混ぜたら、フタをして弱火にします。

④ときどき、かき混ぜながら15分ほど炒め、味が薄いようなら塩で味を調整します。最後にゴマを振りかけて完成です。

 

常備菜として作り置きが可能です。2~3日を目安に食べきってください。

 

 

 

副菜:ばい貝の煮付け

 

材料

  • ばい貝 10~12個

 

<合わせ調味料A>

  • しょうゆ 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 酒 大さじ2
  • 生姜チューブ 小さじ1

 

作り方

①ばい貝は軽く水洗いしておきます。

②鍋にばい貝を入れ、貝が浸かるくらいの水を入れます。そこに合わせ調味料Aをすべて入れ、一度、煮立たせます。煮立ったら落とし蓋をし、弱火で10~15分ほど煮れば完成です。

 

常備菜として作り置きが可能です。2~3日を目安に食べきってください。

 

 

 

汁物:お味噌汁

 

今回は基本のお味噌汁にしました。

【お味噌汁の具】

  • 長ネギ
  • 油揚げ
  • 玉ねぎ
  • えのき

 

 

 

常備菜で品数アップ!

 

和の料理は、作り置きしておけるレシピが多いので、常備菜として冷蔵庫に置いておけば忙しい時に便利です。

主食だけでは物足りない時に、「あと1品」さっと出せるので重宝しますよ。

栄養バランスも良くなるので、ぜひ副菜だけでも試してみてくださいね。

 

 

関連記事