「竜田揚げのきのこあんかけ」のレシピ|旬の味覚きのこを楽しもう♪

ミカオ ミカオ | 2021年12月19日

今回は、旬のきのこを使ったレシピ「竜田揚げのきのこあんかけ」をご紹介します。鶏肉ときのこのうま味が合わさって、大人も子どももご飯がぐんぐん進みますよ。ぜひご家族で「食欲の秋」を満喫してくださいね♪

「竜田揚げのきのこあんかけ」の材料

 

【材料(2~3人分)】

  • 鶏もも肉 1パック(300g)
  • まいたけ 1/2パック
  • しめじ 1/2パック
  • なす 1本
  • 片栗粉(衣分) 大さじ3~5
  • ★卵黄 1個分
  • ★おろししょうが 1かけ分
  • ★酒 大さじ1
  • ★みりん 大さじ1
  • ★濃口しょうゆ 大さじ1
  • 大根 1/4本分
  • ねぎ 3~4本
  • 油 適量

(※きのこあんの材料)

  • だし汁 300ml
  • 酒 大さじ2
  • 薄口しょうゆ 大さじ3
  • みりん 大さじ3
  • 塩 少々
  • 水 大さじ3
  • 片栗粉 大さじ1

 

 

 

「竜田揚げのきのこあんかけ」の作り方

 

 

1.  鶏肉を一口大に切り、ボウルに★の材料と一緒に加えてよく混ぜ、10~15分ほどおいておく。

 

 

2.  下味がついたら、1.をザルにあげて余分な汁気を切る。

ビニール袋に片栗粉と鶏肉を入れて左右に振り、片栗粉を鶏肉全体にまぶす。

 

料理のコツ|カリッとした衣の竜田揚げが好きな方は、鶏肉へ片栗粉をつける前にキッチンペーパーで汁気をしっかり切るといいですよ。

 

3.  なす、しめじ、まいたけは一口大に切る。

 

4.  170~180℃に油を熱して、2.の鶏肉をきつね色になるまで揚げる。

なす、しめじ、まいたけは、さっと素揚げをする。

 

料理のコツ|なす、しめじ、まいたけは、後からきのこあんに入れます。揚げ過ぎないように注意してください。

 

 

ここからは「きのこあん」の作り方です

5.  鍋に、※あんかけの調味料(だし汁、酒、薄口しょうゆ、みりん)を入れて煮立てる。

 

6.  素揚げにしたなす、しめじ、まいたけを加え、塩で味を調える。

 

7.  水大さじ3に片栗粉大さじ1を入れて水溶き片栗粉にし、6.に加えてとろみをつける。

 

料理のコツ|水溶き片栗粉は、1か所で固まらないように回しながら入れます。よくかき混ぜて、フツフツと沸騰してきたらOKです。

 

8.  ねぎは小口切りに、大根は大根おろしにしておく。

 

9.  竜田揚げの上にきのこあんをかけ、大根おろしとねぎをのせたら完成♪

 

 

 

水溶き片栗粉でとろみをつけるコツ

 

今回の料理の肝となる「きのこあん」にとろみをつけてくれる、水溶き片栗粉

 

あんかけ焼きそばに、麻婆豆腐、揚げものの甘酢あんかけなど、いろいろな料理で活用できます。しかし、ダマになる・ゆるくなるなど失敗してしまうことも……。

 

そこで、水溶き片栗粉でとろみをつけるコツを簡単に紹介します。

 

コツ1|水と片栗粉をしっかり混ぜた水溶き片栗粉を使う

コツ2|いったん火を止めてから、少しずつ水溶き片栗粉を入れる

コツ3|フツフツと煮立つまで、お玉などで混ぜ続ける

 

これらに気を付けておけば、上手にとろみがつくはずです♪試してみてくださいね。

 

 

 

きのこのうま味たっぷり♪ご飯もお酒も進みます

 

秋が旬のきのこを使ったアツアツのきのこあんと、竜田揚げの相性はバッチリ。

大根おろしをのせれば、こってり+さっぱりしていて、お箸が止まらなくなりますよ

 


 

↓「竜田揚げのきのこあんかけ」がメイン「今日の献立」【参考】↓

 

 

関連記事