今日の献立|冬にぴったり♪根菜満載の和食レシピ・蓮根の鶏つくね

SORA SORA | 2021年12月30日

寒さも本格的になってきた冬に、ぴったりの和食メニューです。大根や蓮根、ごぼう、白菜などの冬野菜には、体をあたためてくれる作用があります。冬レシピは鍋だけじゃない!根菜をたっぷり使った栄養満点のおすすめ和食メニューをご紹介します♪

メイン:蓮根の鶏つくね~照り焼き風~

 

材料(3~4人分)

  • 蓮根 100g
  • 玉ねぎ 1個
  • 鶏ひき肉 300g
  • 卵 1個
  • しょうゆ 大さじ1/2
  • 片栗粉 大さじ1

【合わせ調味料】……A

  • しょうゆ 大さじ2
  • 酒 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 砂糖 大さじ1
  • 片栗粉 小さじ1

 

  • 万能ねぎ 適量
  • 卵黄 人数分

 

作り方

①蓮根、玉ねぎをみじん切りにします。

②ボールに①の材料と鶏ひき肉を入れ、卵1個を割り入れます。さらに、しょうゆ(大さじ1/2)、片栗粉(大さじ1)を加えてよく混ぜ合わせます。

③合わせ調味料Aを別のボールにすべて入れ、よく混ぜ合わせておきます。

④フライパンに油(分量外)を熱し、②を適量(食べやすいお好みの量)ずつスプーンで落とし入れます。スプーンを2つ使うと簡単にできますよ。中火で2~3分焼き、裏返して2~3分焼きます。そこへ③をいれて絡ませながらタレに照りが出るまで煮詰めていきます。

⑤器に盛り付けて小口切りにした万能ねぎを散らします。つけタレとなる卵黄を添えて完成です。

 

★丼ぶりに白ごはんを入れ、つくねと温泉卵を乗せて「つくね丼」にするのもおすすめですよ。

 

 

 

副菜:ごぼうの土佐煮

 

材料

  • ごぼう 2本
  • かつお節 小袋1パック
  • しょうゆ 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 砂糖 小さじ2

 

作り方

①包丁の背を使って、ごぼうの皮をむきます(皮付きのままでもOK)。長さ4~5cmに切り、太いものは半分に切って水につけておきます。

②お鍋に水200ml(分量外)、①のごぼう、すべての調味料を入れて中火にかけます。煮立ったら弱火にし、煮汁が半分の量になるまでときどき箸で混ぜながら煮ていきます。火を止めたら、かつお節を全体に混ぜ合わせて完成です。

 

★常備菜として冷蔵庫で保存が可能です。3日を目安に食べきってくださいね。

 

 

 

汁物:きのことほうれん草のお味噌汁

お味噌汁の具材

  • ほうれん草
  • 玉ねぎ
  • えのき
  • 油揚げ

 

ほうれん草も、もともとは冬野菜ってご存じでしたか?

きのこほうれん草玉ねぎは、お味噌汁の具として定番ですが寒い冬におすすめの食材です。

冬の食卓には、あたたかいスープをプラスして、心も体もほっこりしましょう♪

 

 

 

冬野菜で体をあたためて寒さを乗り切ろう!

 

冬レシピといえば、お鍋や煮込み料理が定番ですが、毎日では飽きてしまいますよね。

「今日は少し違ったメニューにしたいな」と思ったら、根菜レシピはいかがでしょう。

ちょっと気分を変えたい時に、作ってみてくださいね♪

 

 

関連記事