長芋のにんにく漬物レシピがラク!余ったらステーキにリメイク!

MIXろし子 MIXろし子 | 2022年02月21日

漬物といえば、たくあんやぬか漬けなどが人気ですよね。材料は、大根や白菜といった野菜がポピュラーですが、漬物にするなら長芋もおすすめです。めんつゆに漬け込むだけなので簡単!にんにくと合わせてもおいしい!シャリシャリとした食感をお試しください。

 

「長芋の漬物」材料はコレだけ!

 

  • 長芋……………………約200g
  • めんつゆ(濃縮)……約大3
  • にんにくチューブ……約大1~3
  • フリージングバッグやジップロック

※にんにくの濃さはお好みで調整。

※にんにくは使わず、めんつゆに漬け込むだけでもおいしいですよ。

 

 

作り方・手順

①長芋の皮をむいて、厚さ0.5cm~1cmていどに切っていきます。切り方は、輪切りやいちょう切り、棒状など、お好みで。

 

※厚みはお好みで調整。シャキシャキとした歯応えを楽しみたい方は、1cm以上がおすすめです。

 

(①)【急ぎでいるとき】

漬け込む時間の少ないときは、輪切りをした長芋の表面に、数カ所フォークを刺します。穴をあけるというより、軽く刺すていどで大丈夫です。

 

②切った山芋を袋にいれます。

 

③袋に調味料を入れます。

 

最初はニンニクチューブ。

 

次にめんつゆ(濃縮タイプ)を入れます。

 

④袋を閉じて軽くもみ、冷蔵庫に入れて漬け込んだら完成!

3時間は漬けると良いですが、ニンニクが効いているので、時間を短縮してもいただけます。

 

■漬け込み時間の目安

  • 理想は半日以上
  • にんにくなしでめんつゆのみなら一晩寝かせるのが理想
  • 3時間でも大丈夫

 

 

 

ご飯にもお酒にも合う!

 

完成した長芋の漬物は、ご飯にぴったりです!にんにくが効いているので、その他おかずのアクセントに乗せて食べてもおいしいですよ。

 

  • 豚肉のポン酢焼きに乗せて食べる
  • 塩キャベツと一緒に食べる
  • サラダと合わせて食べる

 

 

漬け汁はすぐ捨てない!

長芋の漬け汁は、残った長芋の漬物の保管に利用できます。漬け汁にひたした状態の方が、空気に触れないので保管によさそうです。

 

 

また食べきれなかった「長芋の漬物」は、翌日に「長芋のステーキ」として料理することも可能です。

 

作り方は簡単!フライパンに油を熱して、長芋の漬物を焼くだけ。適量の漬け汁も一緒に焼き、表面が色づいたら完成です。

 

 

箸休めの一品になりますし、ガーリック味なのでお酒のおつまみにも合いますよ。

 

 

一度の下ごしらえで二度おいしい「長芋のにんにく漬物レシピ」。気になる方は試してくださいね。

 

関連記事