おかず手抜きリメイク♪微妙に余ったひき肉料理を翌日の1品に!

ろっこ ろっこ | 2016年11月02日

引き肉を炒める料理は、ママにとってちょっぴり楽なメニュー。こどもの口に合わせていちいちお肉を切る必要もないし、そのままお米に乗せて食べられる手軽さも秘めている♡でも、たまに少しだけ余ってしまうこと、ありますよね?微妙な量だと、そのまま翌日出すにはみすぼらしい。「でも、捨てるのはもったいない!」。今回は、少量でも翌日の箸休めやお弁当にリメイクしてみました!残飯で1品予約できるのって、楽ですよね♪

 

「炒めひき肉料理」について

とても簡単にできる「炒め引き肉料理」。これ、とても手軽で楽♪具はなんでもOKで、ナスと合わせて焼き肉のタレで炒めるだけでも、夫&子どもウケが良い!手抜きしたい日や疲れている日の食卓には定番です(笑)本来なら、ハンバーグとかが作れる材料が揃っていたとしても、「捏ねるの面倒くさ~い!」、「手がぬるぬるするの嫌~」。そんな料理テンション下げ下げの日におすすめ。

 

“味つけは焼き肉のタレのみ!”という、引き肉レシピ。私以外にも、一般的に“楽レシピ”として活用している主婦の方、けっこういますよね!材料は引き肉と冷蔵庫にあるお野菜など間口が広いので、余り食材でできる節約メニューでもあります。

 

 

「焼肉のタレだけ☆簡単ひき肉丼」 c72さんのレシピはこちらから

白いお米の上にのせてもOK!器に盛ってレタスとスプーンを添えて、箸やすめ的にテーブルに並べてもGOOD!メインにもサイドにもなるので便利なのですが、丼にしないと微妙に余ってしまう。元々手抜き目的の適当メニューなので、残骸の姿のまま翌日に回すのは忍びない。それを材料として簡単リメイクしちゃいましょう♪

※「引き肉料理」のお野菜は、手間でなければ細かくしましょう♪

 

dsc04843

 

 

 

手順.1卵を溶いてフライパンに流す

溶き卵を、熱したフライパンに流し入れます。「具(残飯の引き肉)」の味付けが濃い場合は、溶き卵に味付けはしなくても大丈夫。薄味が気になる人は、お好みで塩や顆粒コンソメで卵に味付けしておいてくださいね。

 

912ee342da24f8270214c6611bb5996d_s

 

 

 

手順.2 残りの具をON!

卵を敷いたら、「具(残飯の引き肉)」を乗せて、その上にスライスチーズをかぶせます。具の野菜のゴロゴロが気になる人は、予め棒や包丁で細かく処理しておくと食べやすいです。

 

dsc04844

 

 

具ごと巻きあげたら完成!

卵があっという間に硬くなってくるので、まだ表面がとろりとしているうちに巻きあげてしまうのが美味しくなるコツ!チーズは余熱で溶けるので気にせず。

 

dsc04846

 

前日みすぼらしい姿になった「引き肉料理の残飯」。でも、翌日にサッとリメイクすれば手軽に1品追加♪夕飯でなくても、お弁当のおかずにもなるので、楽ですね。

 

 

 

レタスでロールするだけでもOK!

「卵焼きを作るの!?超面倒なんだけど!」という人も中にはいるかもしれませんよね?その場合は、水気を切ったレタスにお米を乗せます。冷蔵庫から出して温めなおした「具(引き肉料理の残飯)」を包み込むようにロールに!ラップでくるんで輪ゴムでとめればできあがり♪可愛い紙で包んでバスケットにでも並べれば見栄えもよくなりますよ。

 

 

“サラダ感覚”でいただきたいので、マヨネーズをからませるのがポイントです。

 

 

 

 

最後に

リメイクなんて呼ぶのがおこがましいような1品ですが、逆に、「凄テク☆」だと腰が重くなってしまうこともありますよね?主婦歴の長い人には当たり前のようなレシピでも、このレベルの品はお料理歴が浅い人にとっては案外便利かも!?気になる人はお試ししてみてくださいね。

 

また、引き肉炒めの味付けでよく使うのは「焼き肉のタレ」ですが、和の優しいシンプルな味付けでも手軽な引き肉レシピ、ありますよね♪それももし余ったら、今回のように、出汁やマヨネーズ、刻みレタスや海苔など、合いそうなもので卵巻きにしてみてはいかがでしょう?

 

「秘伝!合い引き肉そぼろ」 のっちむさんのレシピはこちらから」

 

 

関連記事