おすすめレシピ「タラのみぞれ煮」!ほっこり温まるやさしいお味♪

ミカオ ミカオ | 2022年03月01日

寒い季節はやっぱり、温かい料理を食べたくなることが多いですよね。そこで今回は、冬の食材であるタラと大根を使った「タラのみぞれ煮」をご紹介します。おすすめのレシピですので、良かったら読んでみてくださいね。

「タラのみぞれ煮」の材料

 

【材料(2~3人分)】

  • タラの切り身 2~3切れ
  • 大根 1/4本
  • ししとう(ピーマン)6~10本
  • エリンギ 1本
  • しょうが 1かけ
  • ごま油 大さじ1
  • 片栗粉 大さじ1~2
  • 塩 少々
  • ★だし汁 250ml
  • ★酒 大さじ1
  • ★薄口しょうゆ 大さじ1
  • ★みりん 大さじ1

 

 

 

「タラのみぞれ煮」の作り方

 

 

1.  タラの切り身に塩少々をふり、しばらく置く。余分な水分が出てきたら、キッチンペーパーでしっかり拭き取る。

 

 

片栗粉をタラの切り身両面にまぶしておく。

 

 

2.  大根は皮をむき、すりおろして水気を切る。エリンギは食べやすい大きさに切る。しょうがの皮をむき、細切りにしておく。

 

 

3.  フライパンにごま油を入れて熱し、1.のタラの切り身を入れて焼き色をつける。両面に焼き色がついたら、お皿に取り出す。

 

 

エリンギ・ししとうも同じように焼き色をつける(※タラ・エリンギ・ししとうは完全に火が通ってなくてもOK)

 

 

4.  3.のフライパンに★の調味料を加えて煮立てる。タラの切り身を戻し、5~6分ほど煮込む。

 

 

5.  4.にエリンギ・ししとう・大根おろしを加えて、ひとに立ちさせる。味見をして薄く感じる場合は、塩を加えて調節する。

 

6.  器に盛りつけ、細切りにしたしょうがをのせれば完成♪

 

 

料理のコツとポイント

 

「タラのみぞれ煮」を作るときのコツとポイントを確認しましょう。

 

料理のコツとポイント1

タラの切り身に塩をかけて置くことによって、魚臭さの元になる水分が出てきます。キッチンペーパーでしっかりと拭き取ってください。

 

料理のコツとポイント2

タラの切り身に片栗粉をまぶすと、うま味を閉じ込められます。煮込んだときに、煮汁がトロっとする効果も……♪

 

料理のコツとポイント3

タラの切り身・ししとう・エリンギをごま油で炒めて焼き色をつけてから煮込むので、香ばしさがアップし見た目もおいしそうになります。

 

料理のコツとポイント4

まれにですが、タラの切り身にアニサキス(魚の寄生虫、みみずのような姿)がくっついていることがあります。生のまま食べてしまった場合、腹痛や吐き気を起こすこともあるのだとか……。加熱して食べれば問題ありませんが、気になる方は調理前に確認しておきましょう。

 

 

体ぽかぽか温まる!おすすめの魚料理

 

身も心もほっこり温まる、やさしい味の魚料理「タラのみぞれ煮」のレシピをご紹介しました。

タラは煮物にしても、とてもおいしい食材です!

 

フライパンひとつでササっと作れますので、ぜひお試しください♪

 

関連記事