ハンバーグを作りながら翌日メニューを同時進行!時短&楽♪

ろっこ ろっこ | 2016年11月18日

ハンバーグを作った時、フライパンがソースや肉汁でギトギトになりますよね?どうせなら、その洗う前のフライパンを利用してもう1品仕込をしちゃいませんか!?キッチンに立ったついでに、翌日メニューが段取りできるのでとても楽な「ダブル料理」!フライパンを洗う作業効率を考えても、立派な時短になるかも♪

 

材料

材料は、ハンバーグを作る材料にプラス春巻き。ピザソースやチーズがあると味わいが違って楽しくなります♪

 

・引き肉

・ナスや椎茸など一緒に捏ねられる野菜があれば尚可

・春巻きの皮

・ピザソース

・チーズ

 

 

 

ハンバーグを普通に作りながら……

玉ねぎを刻み、飴色に炒めて、卵を混ぜてコネコネするハンバーグ。冷蔵庫にちょっぴり余っている野菜があれば、ハンバーグにボリューム感を出したいので、ナスや椎茸などを細かく刻んで一緒に捏ねます。

 

①“飴色たまねぎ”をちょっと多めに作って一部をはけておきます

 

CHECK 便利な楽ちん商品!

じっくり炒められたあめ色たまねぎのペースト!

■こんな人におすすめ♪

「たまねぎ炒めるのが面倒…」

「じっくりあめ色にする時間がない…」

 

プラスαの食材、ナスや椎茸などのみじん切りもはけておく

引き肉も別メニュー分、はけておく

③ハンバーグを普通に焼く

 

 

 

 

ハンバーグを焼いた後のフライパンで

 

①ハンバーグを焼きソースも作り終えた後のフライパンで、はけておいた材料を炒める。

※引き肉は固まらないように、彩箸でほぐすように焼きます。残りソースによる焦げが気になる場合は、予め野菜を電子レンジで下処理しておくとスムーズ。

 

 

②塩コショウで味を調える

※残りソースで味が不十分のようなら作りたてのソースを加えるなどして微調整。

(後で別途味付けをするので多少薄味でもOK!後から味付けしない場合は、この時点で満足な濃さに整える)

 

③冷めたらタッパーINがラップに入れて、翌日まで冷蔵庫に保存

 

 

 

そして、翌日……

「前日の献立はハンバーグ。さて、今日は何を作ろうかな~?」。そこで登場するのが、冷蔵庫に保存しておいた具!

 

①冷蔵庫から取り出し、電子レンジで温め直す

②春巻きの皮を広げてピザソースを塗る

 

 

③皮の上に①の具をのせ、チーズをONして巻く

④あとはトースターで「チン♪」するだけ!チーズがとけて皮がパリッとしたら出来あがり

 

出来あがったメニューは、春巻きの皮がパリッとしてB級グルメ的な美味しさ(笑)ハンバーグのような味わいにピザの風味が割り込んでいて、好きな人には好きかもしれませんよ!箸休めの1皿やおつまみに、いかがですか?

 

 

 

最後に

今回のメニューをイチから作ろうとすると、「野菜を刻む」「具をフライパンで炒める」ことからはじめなければなりません。

 

mom-1290656_1280

ハンバーグの“ついで”に仕込めば、

包丁もフライパンを使うのも1度ですみます。

翌日は包んでトースターで焼くだけなのでとても手軽!

 

ハンバーグを作る機会があったら、

お試ししてみてくださいね!

1品でも前倒しで段取りができていると

気分が楽ですよ!

 

 

 

 

 

▼記事の関連情報

関連記事