ランドセルラック&収納が勉強机に早変わり!画期的省スペース力

ろっこ ろっこ | 2016年11月07日

小学校の入学準備を考えはじめる季節が近づいてきましたね。最近はリビング学習派が多いので、改めて「勉強机」を買うママが少ない傾向ですが……。中には買い揃えてあげたくても、スペース都合で諦めざるおえないママもいるかもしれませんよね?今回は、「ランドセルラック」「身の回りの収納」「勉強机」が省スペースで機能する画期的な商品「デスク付シェルフ」をご紹介!悩んでいたママにとっては目からウロコかも!?

 

「デスク付シェルフ」とは

「デスク付シェルフ」とは、棚の中にデスクが収納できてしまうという家具です。「収納」と「机」の機能は確かにあるのに、お部屋の中でコンパクトにまとまる省スペース力が素晴らしい!

 

 

 

 

省スペースの仕組み

省スペースが実現する仕組みは、棚下の部分!

 

 

底上げされている部分にキャスター付の大きな収納ボックスを入れ、間に机になるパーツを入れてあります。大きな収納ボックスと机パーツを抜くように移動させれば、勉強机に早変わり!

 

 

 

 

必要なスペースはどのくらい?

サイズはもちろん商品によって異なりますが、幅は85~90cm、奥行きは39~42cm、高さが97~135cmほどの範囲が一般的だと思います。本来あるべき勉強机のボリュームや収納力を考えると、随分コンパクトに収まる感じがしますよね?もちろんラックを動かすスペースは確保する必要がありますが、未使用時はスッキリ♪リビングにもOKなのが嬉しいですよね!

 

 

お部屋の圧迫感が気になる人は、高さがわりと低めの方が空間がスッキリ見えますよ♪

 

 

 

どんな商品があるのかな?

 

■「キッズ収納キャビネット」

 

■さりげないミッキーモチーフも

 

■お部屋のテーマカラーで探せる

 

■女の子らしいインテリアにも♡

 

 

 

最後に

「子どもが勉強する専用の場所は確保してあげたい、でもスペースが……」という人には、とても便利なデスク付シェルフ。リビング学習派だったとしても、未使用時はすっきりチェスト風にコンパクト化されるので、実用性のわりに場所がとらないのが◎!もし、子どもが成長して正式な「学習机」を購入することになっても、ママの家事台として活用できるので安心です♪

 

 

いかがでしたか?スペース問題で頭を抱えているママのニーズにフィットしましたでしょうか?勉強場所と子供用品の収納家具を、効率良くまとることができるデスク付シェルフ、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

関連記事