カテゴリー一覧

低価値の子ども服を「ヤフオク」で売る!薄利多売活動のコツ?

ろっこ ろっこ | 2016年12月27日

大掃除シーズンは不要品が排出される季節でもあります。できれば年内うちに処分してしまいたいのが本音ですが……。「ちょっと待って!」。低い価値のものでも「ヤフオク」や「メルカリ」で数を売れば、年明け2月などお財布ピンチ時の、予備費に回せるかもしれませんよね♪今回は、「薄利多売」を目的とした地道な「ヤフオク」活動のご紹介。価値の低い中古の子ども服ものをどのように売っているかをレポートします。

 

 

「子ども服」は潔く出せる!

ヤフオク」にはかなり幅広いジャンルの商品が集まっていますが、主婦が悩むことなく“不要”と決定できるのが子ども服です。大人の服やバッグ、雑貨類だと、「まだ使うかな?」と一瞬の迷ったりしそうですが、確実にサイズアウトの子ども服は即決で出品!!主婦だって「時は金なり」。考えることに時間が費やされてしまうのはその時点でもったいないので、「子ども服」は効率良く仕分けして出品もしくは廃棄しましょう♪

 

49ac503c99506db41625400bb816df04_s

 

  • 一番下の子(男女別)のサイズアウト服は出品決定!
  • ノンブランドで、使用感が出ている中古服は即処分!
  • 多少使用感あってもブランド品は出品する価値有り!
  • 小物類も、対象年齢アウトのものは出品!
  • ノンブランドでも状態良ければまとめ売りも

 

 

 

送料込だと目に止まらない……?

一般的には“送料無料(込)”の設定が取引も楽で入札されやすいと聞きます。でも個人的な「ヤフオク」経験では低価値品の出品だと、送料別出品の方が送料込プライスで出品するよりも入札率が高いと分析しています。

 

■例 推定価値200円の中古パーカー(定型外にて全国一律250円)

  • ヤフオク 送料込(商品価値200円+送料250円)=450円で出品 ウォッチリストの数も伸び悩む……
  • ヤフオク 送料別 200円で出品 ※送料込と比べてると注目度が高い

品物自体の価値は同じ200円でも、送料込と別とでは金額の第一印象が全く違います。商品をスクロールチェックしていった時に、送料の有無はさておき、安い価格が目に止まるのでしょうね。後で送料が加算されるので出費額に変わりはないのですが、感覚的なものと推察されます。

 

dsc03320

■落札側の支払い額は450円と同じなのに…

  • スタートが200円の価格表記(落札後に送料250円加算)
  • スタートが450円の価格表記

200円なら欲しい!と思っても、

450円なら買わないなとスルーされる。

 

 

 

 

気になるのは「落札システム料」

送料を別にすると格安スタートで注目されやすい気がしますが、忘れてはならないのが落札システム料。基本的に「ヤフオク」は送料込の方がシステム料が得。

 

  • 送料込だと、システム料は落札価格の8.64%(税込)
  • 送料別だと、624円以下のオークションでは54円(税込)
  • 送料別だと、625円以上のオークションでは落札価格の8.64%(税込)

 

テーマが「薄利多売」なので、多少のシステム料の差額は気にしないかもしれませんが、金額調整のテクニックが!下記例を参考にすると、商品価値は同じ200円でも、送料別パターンのみ開始価格をちょっぴり上乗せ。それでも送料別(215円)の方が入札率が良い場合も多々ありますから(あくまでも個人的なデータです)。

 

dsc01827

■例 アニマル柄パンツ 価値200円(送料140円)

  • 送料別 200円(システム料-54円)=あがり146円
  • 送料込 340円(システム料-39円-送料)=あがり161円

※差額15円で「送料別>送料込」のところ……

  • 送料別 215円(システム料-54円)=あがり161円

※開始価格に15円足せば最終的に残る額は同じ!

 

 

 

 

安値スタートのメリット

価値が低い中古品でもウォッチリストや入札件数が多いほど、1円でも高く売れる可能性があがるので、「送料別の安値スタート」は試す価値ありかもしれません。

 

  • スタートの価格が低い方が「安い順」で見た検索順位も上に表示
  • ウォッチリスト件数は入札件数に影響
  • 入札件数が多いと、信頼性などの面からも「購買意欲」をそそる

 

ただし低価値のものはあくまでも相応の価格でしか売れません。安いスタートで良い額までつり上がるのは魅力ある商品のみ。実際私は大した商品でないのに「10円スタート」に挑戦して見事10円で落札されたことがあるので、注意を(笑)

 

04b9fd43829cd533a0bc7bacb2a3553e_s

 

 

 

「まとめ売り」のニーズ

ブランド品なら多少難有りでも、値段が安ければ単体でも売れます。一方ノンブランド品は新品ならまだしも中古だと単体での落札はちょっぴり厳しい傾向。状態の良好なノンブランド品は、まとめ売りで格安提供すると売れる可能性があります。

 

■ブランド単品とノンブランドまとめ売りの事例

  • 小さなシミ複数有りでも、ラルフのシャツは350円開始で560円落札(送料別)
  • ノンブランド90サイズまとめ売り22点セット999円開始で1.010円落差(送料別)
  • 100サイズワンピース22点セット100円開始で1.600円落札(送料別)
  • ノンブランド&ミキハウスのミックス17点。900円開始で入札数1件(送料別)

 

57f8b05bb2c08d94259065c2ebcacdf6_s

 

参考までにノンブランドとブランド品を混ぜてのまとめ売りは価格が伸び悩みます。そのブランド品が欲しくても他に不要がセットされていると手を出さないので、良い品は単品かブランド同士のセット売りがベスト。ちなみに中古子ども服のまとめ売りをチェックするのはママだけではありません。帰省する孫に備えて用意する祖父母世代も多いので、中古でも美品なら肌着や靴下がセットされていても有りかもですよ。

 

 

 

低価値の商品は「送料」が敵!!

先に紹介したように、商品価値が安ければ安いものほど送料が落札の妨げをします。

 

  • 送料に200円~400円も払うほど欲しいとは思われない
  • 商品の価値より送料の方が高くない!?
  • 送料込だと、ちっぽけな商品でも開始価格が高くなる

 

地道に「薄利多売」活動をするなら、上がりにも直結してくるので送料は安値のところを選ぶのが鉄則です!

 

dda721a1fccd23080969d211c0c330f8_s

 

  • 1.「まとめ売り」は梱包込みで2kg以内で出品。「はこBOON」を使う
  • 2.洋服単品やTシャツ2枚程度までなら「クリックポスト」が安い
  • 3.あとは1と2の価格と定型外郵便を比較して安い方を設定

 

荷物の持ち込み場所は「はこBOON」はファミリーマート、「クリックポスト」は投函、「定型外」は郵便局窓口。少ない利益で連日あちこち動き回るのは不経済だし大変です。「こんなに面倒なら捨ててしまった方がいい……」と思う人もきっといるはず。もし薄利多売を目指すなら、せめて発送の曜日を限定しておくと楽!「お安く提供する代わりに、発送手続きは週1回月曜日に限らせていただきます」と一文添えておけば、1日に集約できるので時短になりますよ♪

 

 

 

最後に

正直言ってこの「薄利多売」活動は、1商品につき送料やシステム料を除くとあがりが150円なんてこともあります。時間のない人や仕事と主婦業を両立している人には不向きかもしれません。でも、現在「ヤフオク」はスマホからでもサクサク出品できるようになったので、画像だけ撮っておけばスケジュールの隙間にできなくはありません。子育て中のちょっとした合間や通勤途中、子どもの習い事の待ち時間や就寝前の数分など、わずかな時間を活用できるか、検討してみはいかがでしょう。

 

9dd13d52338057ce6d735b58be5aa423_s

 

参考までに中古の子ども服メインに「薄利多売」活動した結果。年によってばらつきはありますが、年間で40.000円~60.000円ほど。労力と収益のわりが合わないかもしれませんが、普通の主婦が本当の不要品だけを「ヤフオク」で売っただけで別枠の貯金ができています。その金額を聞くと、ささやかにやってみたくなりませんか!?

 

 

関連記事