お鍋のじゃがいもを3分で肉じゃがに!リメイク時短弁当♪

ろっこ ろっこ | 2016年12月15日

じゃがいもを使った鍋って、子どものいるママには便利!鍋の具に子ども向けのものを考えた時、ホクホクのじゃがいもは美味しく食べてくれるので安心ですから。実際に、じゃがいもの入った鍋レシピもたくさん紹介されていますよね?今回は、その鍋で残ったじゃがいもを肉じゃがにリメイク♪前の晩のたった3分の下ごしらえで、翌朝には肉じゃがが完成!お弁当にいかがですか?

 

「鍋にじゃがいも……?」

女性の感覚では“アリ”なじゃがいも入の鍋でも、「鍋にじゃがいもっておかしくない?」と思う男性もいるようです。でも、じゃがいも入りの鍋は立派な料理!韓国の鍋料理の一つに甘藷湯」(カムジャタン)という、豚の背骨とジャガイモを煮込んだ鍋があるくらいですから。

 

e49a12d0c2f507e52c59ac70d41f013f_s

 

日本の鍋の素を発売しているメーカーでも、ホームページにてじゃがいもを使った鍋レシピが紹介されています。今回ベースとした「じゃがいも鍋」は、「すき焼き風」や「キムチチゲ」といった味の濃いスープではなく、よせ鍋や豆乳鍋、鶏がら系鍋といったあっさり系のものです。

※濃い味付けのものは、フライパンで少し焼き直すだけでも弁当に使えるので。

 

Check

 お鍋は楽だけど、残り物が

 翌日のお弁当に使えたら、さらに楽♪

 

 

お鍋の後に……

とある夜のあっさり系のお鍋。後始末でとりあえず具を引きあげると、じゃがいも・にんじん・しらたき・お肉が。これが肉じゃにリメイクされます(少しもやしも入っているので、嫌な人ははけてください・笑)。

 

dsc05081

 

Check

 残り鍋に沈んでいた、じゃがいもや

 お肉、ニンジン、白滝を弁当に狙う!

 

 

肉じゃが(風)にリメイク♪

残り鍋からひきあげたじゃがいもなどで「肉じゃが(風)」を作ります♪

 

1.小鍋に、肉じゃが用の汁を、濃い口で煮立てる。目安はすき焼き汁。

(水、醤油、酒、砂糖、みりん、お好みでめんつゆ)

 

(1)お肉が足りない時は、鍋で食べるはずだった肉を煮汁でしゃぶしゃぶ

(鍋で食べきってしまった時は、ウィンナーでも肉だんごでも◎)

 

dsc05082

 

2.鍋の残り具材を、1の小鍋に入れてひと煮立ち。

(元々煮えているので煮込みは不要。玉ねぎが欲しければ電子レンジで下茹でして投入)

 

dsc05083

 

3.具が煮汁に浸かるような形状の器に入れて、冷蔵庫にINするだけ!

 

dsc05085

 

4.翌朝、冷蔵庫から取り出して電子レンジで温めるだけでお弁当のおかずに♪

(汁気は濃いので入れず、具だけをお弁当箱に。)

 

dsc05086

 

Check

 小鍋でひと煮立ちさせるだけなので、

 仕込の作業時間は3分以内!!

 

 

最後に

毎日お弁当を作らなければならい人は「夕飯の残り物」って強い味方ですよね?でも前日がお鍋だと、いつもの献立より残り物が使いずらくないですか?お鍋にじゃがいもを入れておけば、たったのひと煮立ちでお弁当のおかずが完成!もし“お鍋じゃが”を喜ばない旦那様でも、「子ども用なの~♡」と、こっそり片隅に入れておくのはいかが?お弁当づくりが楽になるかもしれませんよ♪また翌日のおかずでもいけるかも!?

 

c0c2c3870dacb876228c623721e56875_s

 

Check

 改めて煮込まなくても、

 きちんと肉じゃが風♪

 

関連記事