御殿場プレミアムアウトレット◎子連れ対策スケジュール!(静岡)

ろっこ ろっこ | 2016年12月22日

ショッピングが苦手な子どもって多いですよね?スーパーならお菓子でごまかせても、衣類やインテリア系のお店となると退屈度はアップするようです。今回は買物嫌いの子どもと行く「御殿場プレミアムアウトレット(静岡県)」を、ちょっと楽にする対策について。渋滞を避けて買物は効率良く、子どもが興味あるショップをコンスタントに見せながら、最終的にはリフレッシュできる場所に移動!?終わりよければすべてよし(笑)

 

 

「御殿場プレミアムアウトレット」

静岡県にある「御殿場プレミアムアウトレット」は、アウトレットの先駆け的存在。御殿場ファミリーランド跡地を利用し、“森の中の街”をコンセプトとした作りは、まるで北米の街を歩いているかのような雰囲気に浸れるのも魅力です。東名高速道路の「御殿場IC」からすぐの立地条件なので、東京からも東海地方からもアクセス良好。ブランド数も充実しているため、年間来場者数はかなりのものです。

 

 

  • 住所:静岡県御殿場市大字深沢市込ノ原1312
  • 時間:3月~11月10:00~20:00・12月~2月10:00~19:00
  • 休み:年1回(2月第3木曜日)
  • 店舗数:225

 

 

 

子連れは開店待ちがお薦め!

東京ドーム約8個分もの広大な敷地面積に、豊富なブランドが立ち並ぶ「御殿場プレミアムアウトレット」。でも、そのボリュームと比較して直結の駐車場は正直数が多くありません。離れた駐車所に止めるとそこからシャトルバスの運行。バスの待ち時間やベビーカーの搬入、買物した荷物に気温、天候なども考えると、子連れは離れた駐車場だと大変です。

 

  • 開店時間より前には駐車場に停車させるのが確実
  • 混雑具合は変動するものの、最低でも開店30分前には到着したい
  • 朝早く動く分、その他の動作が抜群に楽になる

 

img_20161211_141241edited

 

小さい子どもがいると、早朝からの支度や出発は大変ですが、その朝の努力は倍以上の楽につながります!土日祝日のいい時間になってしまうと、「御殿場プレミアムアウトレット」は国道まで大渋滞。あまりの待ち時間に子どももぐずるし、行くのを諦めてしまう家族も多いはずですからね……。

 

 

 

10時までの過ごし方!

開店時間が10:00なので、駐車場に余裕で停められてもお店が空くまでに時間が空きます。早朝の出発でご飯を食べられなかった人は車内朝食がお薦めです。おにぎり持参でもコンビニのパンでも、駐車場でご飯タイムを作ると良いですよ。

車中朝食の他には最終手段としてDSやタブレットなどのメディアがあれば時間は流れるようにすぎますが、天候が良好ならアウトレット内に入ってしまうのもおすすめ!イーストゾーンとウエストゾーンの間にある橋の横に、「プレイグランド」という大型遊具エリアがあるので、朝の気持ちの良い光を浴びながら子どもたちを遊ばせてあげてみてはいかがでしょう♪

 

img_20161211_093822

 

 

早めランチも手!

車内朝食するまでの時間がなかったとしても、開店10時の飲食店は空いています。昼時にはギュウギュウになってしまうフードバザーもゆったりと座ることができ子連れには快適。自宅で早朝に朝食を済ませたパターンだと、10時はちょっぴりお腹が減る時間帯でもあるので、“早めのお昼”も手ですよ!人ごみに圧倒されることなく料理を選んで買える時間帯なので、ベビーカー移動も楽々♪

 

img_20161211_100842

 

 

お目当ての店舗は絞り込む!

本音を言えば店舗をじっくり見て回りたいものですが、ショッピング嫌いの子どもはそれを許してくれません。ショップを渡り歩こうものなら、「帰ろうよ~」「まだ見るの?」「もう疲れた~」の連呼(笑)子どもの意見に100%行動を合わせる必要はありませんが、歩み寄りは大切♪ショップやアイテムを絞り込み、最低限の目的を立てておくと短時間ながらも充実できるはず!

 

  • 見たいブランドをチェックしておく
  • 目的(欲しいアイテム)を絞り込んでおく
  • 動線を決めておく

 

大人がチェックしたいショップの行動スケジュールに、子ども向けのお店をコンスタントに予定してあげると飽き防止になります。ディズニーストアやサンリオ、ポケモンストアにLEGO、バンダイ。輸入雑貨のお店でも子どもは楽しめますし、カラフルなお菓子の計り売りなども喜びますよ。早めランチでもしお腹が空いてきてしまったら、クレープのワゴンやゴディバのチョコレートドリンクなど、甘いものでごましちゃいましょう♪

 

dsc03482edited

 

 

 

買物を4時間以内に収めれば…

混雑する前にショッピングを開始すれば、それだけ行動もスムーズです。効率の良いスケジュールを組み、できれば買物開始から4時間くらいであがれば、子どもがリフレッシュできるようなスポットに移動することができます。以下2スポットにはいずれも日帰り入浴と飲食の施設が備わっているので、「ショッピング」→「遊び」→「お風呂」→「夕飯」の流れを済ませ、帰りは車内で眠るだけという筋書きなら、ママは楽ですよね?

 

■時之栖…車で約25分

「時之栖」に13時~14時頃までに移動すれば、「ビッグバン」という子どもの遊び場(有料)で子どもを遊ばせてあげることができます。ふわふわのアスレチック遊具やトランポリン、大型複合遊具。ほか、射的や季節に応じたイベントの他温泉もあり、冬にはイルミネーションが楽しめます。

 

dsc03441

 

■「富士山樹空の森」…車で約25分

入園料無料で「冒険の丘」という遊具広場で遊ぶことができる「富士山樹空の森」。冬場は遊具エリア利用が16時までなので、せめて15時までには到着しておきたいものです。遊んだ後はその場にある「御胎内温泉」でサッパリできるのでママも楽ですよ♪

外遊び後は温泉!ママが楽なおでかけ「富士山樹空の森」/静岡

 

img_20161211_150002

 

買物嫌いな子でも「後でちょっぴり遊ぶところに連れて行ってあげるからね」との誘惑の呪文があれば、大人しくショッピングに付き合ってくれるかもしれませんよ。たとえ1時間半でも1時間でも遊具で楽しく遊べば、ストレスを発散させてあげられると思いませんか?

 

 

 

最後に

我が子が買物嫌いでも「たまにはショッピングを楽しみたいな」と思っているママ。多少の妥協は必要ですが、今回の「御殿場プレミアムアウトレット」対策スケジュールは、ちょっぴり参考になりましたか?

 

  • お目当てのショップを回る
  • 欲しいアイテムを探す
  • 予定していた購入品をゲットする

 

2f595c547cbfd4da8479813c26a87576_s

 

効率良く子どもが飽きないように目的を巡って早めに退散すれば、子どもの遊び時間を確保してあげられるはず。静岡県にある「御殿場プレミアムアウトレット」にせっかく訪れても、どうせ丸一日満喫できなさそうな家族構成のママは、こんな風に過ごす手もありますのでご参考までに♪

 

 

関連記事