カテゴリー一覧

回転オセロが気楽すぎ!絶対なくさず崩れないリバーシ選びが◎

ろっこ ろっこ | 2017年03月15日

「オセロ」「リバーシ」は、その単純なルールから小さい子どもでも楽しめるボードゲームです。説明も難しくないので、教えながらでもすぐ親子で実戦できる楽しいものです。でも子どものいる家庭だと、オセロの白黒の石を紛失しませんか?石が一つでも足りないとゲームが成り立たないので、すごく困りますよね……。今回は小さい子のいる家庭でも、管理がとっても気楽な回転式のオセロをご紹介します!

 

オセロの石の困ったあれこれ……

一般的なオセロは盤上にある64升を白黒で埋めるという遊び。そう、手のひらに収まる小さな石が64個必要なのです。大人なら普通に遊んできちんと片づけるので全く問題がないのですが、子どもがいるとそうはいきません!

 

  • 片付けの際にきちんと納めず、無くしてしまう……
  • 遊戯中、下の子(赤ちゃん)に盤上を荒らされぐちゃぐちゃに……
  • バラバラになりやすいので、常時紛失の恐れがある……
  • 石が小さいので、子どもの誤飲が心配……

 

bdc3afcfd4c86eb3b73971ec3aa0506e_s

 

Check

 簡単で子どもOKなのに、

 取り扱いが子どもに不向き……?

 

 

 

回転タイプの石が超絶便利!

今回おすすめしたいのが、石が盤と一体化になっているオセロ(商品例:大回転 オセロ)。石部分を指でひっくり返すようにくるくる回転すると、白と黒が入れ換わります。緑と白と黒の3面が回転する仕組みのようです。

 

DSC05169

 

  • ボードに張り付いているので、絶対に紛失しない!
  • プレイ中に盤を動かしてしまっても、崩れない!!
  • お片づけもひっくり返すだけなので、遊び感覚でできる!
  • 下の子の危険予知もしなくて済むのが気楽!

 

Check

 紛失しない!崩れない!

 ママには気楽すぎます!!

 

 

 

下の子対策にもおすすめ

「上の子とオセロをしてあげたいのに、下の子にいつも邪魔をされてしまう……」。こんな時、上の子って本当に可愛そうですよね。オセロの石ってただの白と黒の薄い円なのに、ママたちが触れていると下の子はどうしてもいじりたくなるのも現実。

 

01474e26b2ee04750bbafc6e414ea104_s

 

■上の子のって、可哀想ですよね……

  • プレー中の石を弟妹がぐちゃぐちゃに。最後まで勝負できずふてくされ……
  • 遊んでいる最中なのに弟妹に盤をひっくり返されて、上の子泣き。
  • 石を妹弟が独り占め。渡してもらえず、上の子怒る。
  • 妹弟に邪魔をされ泣いたり怒ったりした結果、なぜか上の子自分が怒られる……

 

石が盤と一体型なので、ゲーム中に盤を動かされてもプレイが続行可能なのも、ママ的に助かる理由のひとつです!ただし、指で白と黒を回転させる動作は、下の子が「自分もやりたい!」と割り込んでくる可能性があります。そうなるようなら、あらかじめ飽きるまで触らせておくか、最終手段は2つ購入というリッチな方法も(笑)

 

DSC05170

 

Check

 上の子の邪魔にならないのも

 回転タイプのメリット!!

 

 

 

最後に

いちいち回転させるので、大人だけの家で使うのには微妙かもしれませんが、子どもと使うならメリットいっぱいの「大回転 オセロ」!いかがですか?ママ目線のいろいろな気疲れをスルーしてくれる気がしませんか!?「そろそろオセロでもさせてみようかな~」と考えている人にはおすすめですよ♪

 

なお、オセロの対象年齢は6才となっていますが、3才くらいでもオセロができる子はいます。考える力や先を読む力、集中力も養われるので、発達を刺激する意味でもおすすめです。対象年齢は、おそらく石の誤飲などを懸念しての6才以上設定と思われます。親子のコミュニケーションツールにもなるので、ぜひ遊んでみてくださいね♪

 

 

Check

 パチンと置く普通タイプもいいけれど、

 便利!安心!だと、ママは楽です♪

 

 

関連記事