カテゴリー一覧

お財布ポシェットのここが便利!使い方やメリット【旅行編】

ろっこ ろっこ | 2017年03月03日

お財布がそのまま斜めがけショルダーになり、スマホも同時に持ち歩くことのできる「お財布ポシェット」。赤ちゃん連れや子育て中のママにとっても便利なアイテムです。でも中には活躍シーンや使用頻度などが想像できないという意見も。今回は「旅行」にもおすすめなお財布ポシェットメリットをご紹介。貴重品を肌身離さず持ち運べるので、子どものいない人でも便利ですよ!

 

 

お財布を探さずに済む!

1泊2日でも家族旅行となるとそれなりに大きなバッグになりますよね?でもお財布とスマホを一緒に入れてしまうと、お金を使うシーンの度に、荷物の中をガサガサ探さなくてはなりません。

かといって、大きなバッグのサイドポケットに入れておくのも不安。出し入れもスムーズではなく、大きな荷物は“ちょっと置いておく”こともしばしば。お財布ポシェットなら、貴重品類はいつも身につけていられるのでお財布が迷子になりません!

 

 

 

 

切符を買う時もスムーズ!

電車旅行だと切符やバス、タクシーなどの運賃を払うことがたびたびあります。お財布ポシェットなら大きな荷物を持ちながらも、バス、タクシーでお金を出すのがとってもスムーズ!運転手さんをお待たせしないで済みますね。

また慣れない駅で「どうしてもこの電車に乗りたい!」と焦ることもありますよね?慌てるとお財布は余計みつからず、焦ってお金をばらまいてしまうなんて失敗談も……。お財布ポシェットなら、ある意味1ステップでお金が出せるので急ぎのシーンにもお役立ち!財布を探している間に子どもが迷子になってしまうなんて心配もなさそうですね!

 

 

 

 

車旅行も、SAなどで大活躍!

車旅行といえば、高速道路のパーキングエリアやサービスエリアに寄るのが定番。トイレやお茶をしたり、売店での買物から食事までいろいろ行います。お財布ポシェットを持っていれば、基本の荷物は車の中に、身ひとつの感覚でパッと車から出られちゃいます!ショルダー部分を外してクラッチで持ち運ぶもよし、小さい子を抱っこしで連れていく人は両手フリーで俊敏に移動できるのが便利ですよ!

 

 

 

 

宿泊先でも便利!

大きな荷物や子どもを抱えてのチェックINやOUTの手続き。スムーズにお金やカードが出し入れできるお財布ポシェットはそのちょっとのストレスも解消してくれます。またホテル内では、バイキングやゲームコーナー、キッズコーナーに売店など、お部屋以外の場所をウロウロするものです。「あ!コレ買いたいのに、お部屋にお財布置いたままだ……」そんな経験、ありませんか?お財布ポシェットを身につけておけば、無駄な動きをせず効率的ですよ♪

 

 

 

 

スマホ忘れもなし!緊急連絡OK!

家族旅行中に、夫婦間でいろいろ連絡が必要なことってありますよね。でもそんな時に限って、自分のスマホを旦那様の手荷物に入れてもらっていたり、持ち歩いていなかったりするもの。お財布ポシェットはいかなる時も行動を共にしてくれるので、緊急連絡もバッチリですよ!

 

 

  • 子どもをトイレに連れて行ったら“うんち”で、時間がかかりそう。
  • 手分けをして行列に並び、席を確保できたら連絡するなど連携プレー。
  • 人ごみにまぎれてはぐれてしまった……

 

 

 

斜めがけにもクラッチにもなる

ほとんどのお財布ポシェットが取り外し可能なショルダーです。子連れでなくても旅先ではハンズフリーな状態が楽なので、斜めがけにしておくと便利ですが、シーンは様々。斜めがけにしておきたくない時にはバッグインバッグでカバンにしまうことも可能です。機能的で活躍するお財布ポシェットですが、さらに咄嗟のTPOに合わせてカタチが替えられるなんてあっぱれですよね(喜)

 

 

 

 

最後に

旅行のお財布ポシェット活用シーンは参考になりましたでしょうか?お財布ポシェット愛好家の中には、きっかけは旅行用として購入し、それから手放せなくなったという人もいるほとです。アクティブな時間の中でも貴重品類をできるだけ肌身離さず身につけられるのでおすすめ。

大きな手荷物があっても、子どもを抱えて手が足りなくても、スマートに旅を進めることができそうなアイテム。便利そうだと感じた人は、チェックしてみてくださいね♪

 

a92824e91bf134fe7aefd737920a8bef_s

 

なお、お財布ポシェットの中にはパスポートも対応サイズもたくさんあります。ただ、日本出国においての利用ならまだしも、海外でのお財布ポシェットの利用は、要必要。引っ張ったり切られて持っていかれてしまうこともあるので、安心とは言い切れません。利用するならジャケットの内側でショルダーをかけ本体はおへその位地をキープするなど、細心の注意が必要かもしれませんね。

 

 

関連記事