カテゴリー一覧

プロフィール

ぽい♡ずん

ぽい♡ずん

ぽい♡ずん が書いた記事

子連れ出勤に「賛否両論」?でも優劣くっきり、否は少数派……?

2019年1月、政府が「子連れ出勤」を後押しをすると表明し、世間がザワザワしている。これに対し、多くの課題が意見され「賛否両論」の言葉も目にするけれど、実際には反対意見を目にすることが多いように感じる。もちろん職種や働き方、環境によっては賛成派もいるのは確か。今回は世間に散らばっている意見を、ちょっとまとめてみたわ。

インフルエンザで「隔離♡」妻・ママの本音は!?

インフルエンザがの季節がやってきたわ。家族の誰かがかかるとママは看病と予防対策にあけくれる日々。「インフル嫌ぁ~」と恐怖してるんじゃない?夫や子供は、世話をしてくれる人がいるからいいのよ。最悪なのは自分が感染・発症しちゃうケースよね。でもさ、看病されなくても、最終的に「隔離」されただけで幸せ感じちゃう時、ない?「あるある!」って共感したアナタはきっと、主婦・ママを一生懸命頑張ってる人!

ネガティブ脳をリセット!ポジティブ脳の設け方?チェックする?

最近、嫌なことばかり続いているそんなアナタ。「運が悪いな~」「流れがよくないんだよね……」と、モヤモヤしてない?そして何かのせいにしたいわよね?うんうん、わかるわかる。そんな時に「ネガティブはダメだ」なんて言われたって、「知ってるしっ!」としか思えないのもわかる(笑)。ちょっと今日は、騙されたつもりで「チェック」やっていかない?何かブルーなテンションの抜け道があるかもしれないわよ~。

私を優先に!主婦・ママこそ「自分のために」をはじめなさい!

主婦・ママの方、元気に過ごしてる??「最近なんだか疲れている……」「やる気が漲ってこない……」なんて人はちょっと危険信号。もしかして、あなたは自分のことを後回しにしちゃうタイプじゃないかしら?家族最優先がくせになると、心がフリーズしてしまうものなの。今「あ、自分のことかも」と思った人は、今すぐにでも「自分のために」をはじめてみてよね。

初夢で逢いたい男たち!一富士二鷹三茄子より「1アベ2タカ3ツツミ」!?

初夢に見ると良いとされるのは「一富士二鷹三茄子(いちふじにたかさんなすび)」が常識的なもの。でも大人女子的には「縁起物よりイイ男!」に御利益を感じちゃうのよね(笑)。乙女時代なら「好きな人に夢で逢いたい」なんて可愛いでしょうけれど、どうせ夢なら新年早々、好きな俳優に溺れてみたくない?ちなみに30代以上の女性が選んだ50才以上の人気俳優は「1位アベ2位タカ3位ツツミ」だそうよ。コレ、誰だかわかる?

専業主婦の罪悪感に処方箋!「プチ夫孝行」で救われる

専業主婦である自分に罪悪感を感じている女性が多いみたい。「なら働けば?」って言われたらそれまでだけど、事情は人それぞれ。今回は「仕事をする”以外”」で、罪悪感を追っ払う方法10選!テーマは「1日チョットの夫孝行」。やってみたら案外心が救われるかも?試してみてよね~。

専業主婦の罪悪感?後ろめたさ?「感じなくていい!」

専業主婦の生活に罪悪感を感じたことある?「全くないし、意味不明」と断言する人もいれば、経済的に夫に頼る生活に肩身の狭い気持ちになる女性もいるみたいね。では、悩んでしまう原因って何?今回は、専業主婦の「後ろめたさ」についてのアンケート結果を見つつ、罪悪感について、考えてみたわ。

「自分嫌いはきっと子供に救われる」~ママは自分を好きになる~

自分嫌いは、心を煩わせるものよね。マイナス思考は人間関係をつまずかせ、ネガティブ思考や行動は、他人の気持ちも暗くしてしまう。「どうしたら自己肯定感が高まるのか、こんな私が母になどなれるのかしら」……。確かに悩むわ。でも「ママ」「母親」って、自分を好きになれるチャンスって、知ってた?

「クリスマスプレゼントは大人の事情」。願い届かぬ頑固サンタ!

子供はいいわよね。「クリスマスプレゼントは、サンタが届けに来る」って、信じられるんだから。サンタなんて普通に考えれば不法侵入者だし、何も盗まず良いものをくれるというだけで行動自体は泥棒よね。「西洋風、石川五右衛門、みたいな?」。でも、できるだけ信じさせてあげるわ。ただし必ずしも欲しいものが届くとは限らない。だって、担当サンタが頑固な場合もあるからね……。