カテゴリー一覧

プロフィール

ろっこ

ろっこ

松島菜々子さんのような「充実キレイママ」になれるものなら、星にでもお願いしたいものですが……。好みのママスタイルは「みさえ(byしんのすけ)」だったりします(笑) よく笑いよく怒り、泣き喜び叫び――♡

ろっこ が書いた記事

「イクメン」は当たり前の時代に。我が子を育てる、これ普通のこと!

父親が積極的に育児をする「カッコイイパパ」の代名詞でもある「イクメン」。2010年には新語・流行語大賞トップテン入りをし、すっかり定着している言葉ですが……。子育てをサポートしてもらいたいママたちにとって便利な言葉でありながらも、時の流れで妻たちの感覚は変わり始めているようです。

怒った時は猫に相談!ニャンコ先生がアナタのイライラ、解きます

主婦・ママの日常はイライラの連発です。子供のワガママや号泣に苦戦し、夫はマイペースで、ある意味子供より手がかかる……。「もう嫌ッ!」って爆発することありますよね?今回はそんな時におすすめの読み物。怒りの気持ちを猫たちに聞いてもらいませんか?きっと、ニャンとも不思議な癒やしが、心を穏やかにしてくれる(はず・笑)。

大根おろしアートにほっこり!いつものお料理に癒やしを添えて

テレビやSNSで話題となった「大根おろしアート」。鍋の上に飾ったり焼き魚に添えたり、食べるのが申し訳ないくらいカワイイ写真がたくさん紹介され、まだまだ人気です。今回はInstagramで紹介されていた画像の中から、編集部に笑顔をくれた大根おろしアートをピックアップ。いつもの食卓が楽しくなりそうですよ!

スマホの画像でラテアート!ネスカフェ フォトラテは贈り物にも◎

お洒落なカフェでおなじみのラテアート。「自宅で挑戦したけどハートを描くのが精一杯…」という人も多いようです。エスプレッソマシンがあっても、お店のようにはいかないのが現実のようですね。そこでご紹介したいのが「ネスカフェ フォトラテ」!なんとスマホの写真がそのままラテアートにできるというもの!これは贈り物としても使えそうなので、要チェックです!!

産後ママ必見!赤ちゃんをいつでもカンガルー抱っこできるタンク!

出産を控えているマタニティママ、産後の育児に心配はありませんか?また出産後の新米ママも、体力が回復しきれないうちに慣れない育児にてんてこまいになっていませんか?今回は、新生児を抱えるママにびっくりするほど安心感を与えてくれる新商品「Soothe Shirt(女性用タンクトップ)」をご紹介します。これは絶対に欲しい!

コレだけで勉強好きな子供に!?記録に残らず記憶に残る!

毎日宿題が出る小学生ですが、勉強時間を宿題以外に設けているご家庭も多いことと思います。理解できていない弱点をフォローするために、自宅学習時間は必要ですからね。でも、いくら時間を作ったとしても、子供自身が集中していなければ身になりません。今回は勉強に飽きやすい我が子がちょっとした変化で集中できるようになった秘策(?)をご紹介します。効く子には効くかもしれませんよ。

salviaの推しニャン!チャコタンが「an・an」猫特集に登場!受賞!

誰もが知っている雑誌「an・an」。恋愛やビューティー、ダイエットなどあらゆるテーマで女性の好奇心を刺激しているライフスタイルマガジンです(マガジンハウス)。そんなメジャーな雑誌に、salviaで推している猫「チャコ君」が掲載されたとのこと!これは必見ですよ!!

「ママの感覚が、仕事になる!」働く場所を自ら作る可能性

女性には、妊娠、出産、子育てと、少なからず社会から離れる期間があるものです。会社を辞めず、産休や育休、保育園を使って勤務を続けるワーママもいますが、多くは一度家庭に入り子育てをしています。でも社会から離れるブランクを不安に感じる意見も少なくありません。そこで「ママという感覚」が仕事につながることをインタビューをまじえて考えてみました。

(珍)チン神輿!?伊豆稲取「どんつく祭」が今年で最後

男性性器を巨大に象った「御神体」がお神輿に鎮座―。「おちんちん(賜物)をワッショイしちゃう『珍祭』!?なんてチン尽くし(笑)」と、冗談のようですがこれは静岡県伊豆稲取の歴史ある奇祭。夫婦和合や子孫繁栄など五徳祈願の意味をもち、この地に古より伝わる儀礼を起源とした「どんつく祭り」。毎年開催されてきたこの祭りに参加できるのは、今年6月3日で最後のチャンス。一旦幕を閉じるといいます。