プロフィール

言の葉.cocoro

言の葉.cocoro

コトノハ・ココロ(言の葉.心)と読みます。 人の心は、澄んだり淀んだり…… 空と一緒。 だって人間ですもの、生きているなら当たり前。 喜怒哀楽な心を短い言葉に乗せて、 良いも悪いも、筆から咲かせてみませんか―

言の葉.cocoro が書いた記事

「崩れ」 ~ 短い言葉vol.33~

多かれ少なかれ、誰でも一度は人間関係に悩んだこと、あると思います。一度こじれた関係は、なかなか修復できないものです。ケンカした子供が「ごめんね」のひと言で、すぐ手を繋いで遊びだすような光景は、残念ながら大人には無理。今回は、そんな大人のもつれた関係と感情を表した、短い言葉。

「20年後の君へ」 ~ 短い言葉vol.32~

「小さい頃、母に言われたあの言葉の意味が、大人になってはじめてわかった……」。そんな想い、誰にもあるはずです。言葉とは不思議なもので、その真意が伝わるまで、かなりの時間を要することがあります。今回は20年後の我が子へ手紙を書くというストライダーのキャンペーン「レター缶(無料)」にかけた、短い言葉。

「かもしれない」 ~ 短い言葉vol.31~

「かもしれない」は、いろいろな感情に使える言葉。不安を恐れたり、不運を予知することで自分を守ったり、ネガティブな感情の反面、「合格するかもしれない」といった励みにもなるものです。また「元気がないかもしれない……」といったように、時には誰かを気遣うきっかけにもなりますよね。使い方は、自分次第"かもしれない”。