カテゴリー一覧

"育児・子育て"一覧

お片付けするようになる!ママが見直すべき3つのポイント

毎日毎日「片付けなさーい!」って怒ってるお母さん、多いですよね。お疲れ様です。「うちの子片付けが嫌いで…」「どうやって声かけても無視されちゃって…」という方、数点見直してみませんか?お子さんにとって片づけしにくい状態になっているのかもしれませんよ。この3つのポイントを改善して、片づけに協力的な子になってもらいましょう♪

抱っこしていないと、泣きっぱなし!「もう疲れた…」なママに。

子どものグズリ時間の長短や強弱は、専業ママの労力をものすごく左右するものです。中には全く泣かないという子どももいれば、1日の大半を泣いて過ごす子どももいます。さて、自分の子どもはどんなタイプですか?今回は、「抱っこしていないと泣く」タイプの子と過ごすママに向けたエール!ささやかに、ほんのちょっぴりでも、心が楽になれたら良いのですが―。

子どものお相手大変?なら「メイクアップアーティストごっこ」!

24時間子どもと一緒にいるママは、遊び相手でクタクタですよね?幼児をもつママのほとんどが、「お願い!ちょっとの間だけでも椅子に座らせて~!!」なんて経験、あるはずです。でも、子どもが大人しく納得してくれるはずもありません。そんな“遊んで世代”の子を持つママに紹介したいのが「メイクアップアーティストごっこ」。最終的にママの顔はちょっぴり面白いことになってしまいますが…(笑)気力体力は不要ですよ!

この「ごっこ遊び」なら、“くつろいでいるだけ”で相手役OK!

よくママたちの間で耳にするセリフ、「子どもの“ごっこ遊び”に付きあうの、大変~」。そう、既に大人となってしまった女性たちにとって、ままごとや買物は実戦の舞台なので、相手役をするのが面倒なんですよね。今回は、特に女の子をもつママにおすすめの「ごっこ遊び」をご紹介!子どもが本気で喜ぶのにママが休息できて、しかもちょっぴり気持ち良い!?「美容室ごっこ」をお試しあれ!

ママは寝ているだけで子どもの相手!「歯医者さんごっこ」

子どもは「ごっこ遊び」が大好き!相手役がいると盛り上がるので「ママがお客さんになって!」と、子どもにアクションをせがまれた経験ありますよね?特に女の子の相手は大変で、「カフェごっこ」に引きこまれた日には、“ふり”でもお腹がガボガボになりそうなほどです(笑)今回はセリフも演技もほとんどない「歯医者さんごっこ」をご紹介!正直、楽ですよ~♪