"手抜/心得"一覧

お弁当作りは時短で継続!「頑張り過ぎず気楽に」がコツ!

入園、入学、就職など、家族それぞれにはじまる新生活。お昼のご飯はどうしていますか?家族のライフスタイルが変わる時期は、お弁当作りに悩みはじめるお母さんも多いはずです。でも、栄養バランスや彩り、材料費など一生懸命考える真面目なお母さんほど、疲労が心配!そこでご紹介したいのが、弁当作成の平均時間です。世の中の主婦たちが無理なく時短している事実が、肩の力を抜く"気楽”につながりますように。

「私はシェフではなく主婦!」家庭料理のマンネリ化は当たり前!

旦那さんに「最近、似たような料理が多いね」と言われたこと、ある?そんな優しい言い方ではなく、「手抜き」とか「飽きた」など、心ないセリフにイラッとしたことのある妻もいるはず。でも、ぶっちゃけマンネリ化するのって当たり前な気がしない?今回はそんな「家庭料理事情」をテーマに、妻の目線に立ち、主婦たちが共感できるような情報をまとめてみたわ。

働く主婦にオススメ!朝のひと手間で夕飯作りの時短ができる!

家事の中でも夕飯作りは負担が大きいですよね。特に働いている主婦は、帰宅後も家事が山積み……。少しでも食事の支度を時短したいワーママには、朝お弁当作りのついでに夕飯の準備をするのがおすすめです。1品だけでもおかずがすぐに出来れば、気持ち的にも楽になります!そこで、朝簡単な準備をしたら夕方にすぐに出来る、おすすめの簡単レシピをご紹介!メインになるお肉料理や、副菜になる野菜料理などのレシピが満載です♪

食中毒に要注意!梅雨シーズンのお弁当作り☆コツと注意点

ジメジメした梅雨は、室内の湿気対策、お洗濯の生乾き臭対策などいつも以上に家事に気を遣うシーズンですね。そんな梅雨時は食中毒の発生率が大幅に上がり始める時期!そこで特に気をつけたいのはお弁当です。お弁当は作ってすぐに食べる食事とは違い、気温・湿度の高い環境で数時間保管する場合もあります!この時期のお弁当作りの注意点と衛生管理のポイントをご紹介します。

夏は弁当が傷みやすい!安全に食べてもらうためのコツ3つ

食べ物が腐りやすくなる時期がやってきました。一番の問題は家族に持たせるお弁当ですよね。食べるまでに時間があるので、下手するとその間に腐ってしまいます。お子さんがお昼ご飯抜きになってしまうと悲惨なので、それだけは絶対に避けたいところです。でも、安心なお弁当は作る人の心がけ次第でできるんですよ。安全にお弁当を食べてもらうためにママができるコツを3つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

お米のとぎ汁、捨ててない?とぎ汁の活用方法まとめました

お米を洗った後、とぎ汁をジャーっと流していませんか?実はお米のとぎ汁は色んなことに活用できるんです!食器洗いや洗剤代わり、果ては洗顔したりと、足りなくて困るくらい使い道がありますよ。せっかくタダで手に入るんですから使わないと損です☆お米屋さんがサイトで紹介している活用方法をまとめましたので、ぜひ一度試してみてください!

「スーパーにも行きたくない」!コンビニで作る節約手抜き飯♪

夫が不在の土日や、子どもが春・夏・冬休み期間中の平日ランチは、ご飯づくりを手抜きしたくなるものです(♡)お料理モードが一気にOFFになってしまうと、スーパーに行くことすら面倒ですよね?今回は、自宅にありそうな材料もしくはコンビニでも買える材料で作る節約手抜き飯です。絶対に必要な材料は「ツナ缶」だけあれば他は+αで入れる感じでOK。もしお口に合うようなら積極的に怠けちゃってくださいね♪

レトルトにひと手間で手抜きとは言わせない♪

カレーやパスタの素、COOKDOなど数多くのレトルト商品がありますよね。レトルトをそのまま出すのはなんとなく心がひけますが、ひと手間加えたら立派なお料理と考えるのは間違っているでしょうか!?(笑)ちゃんと手間を加えているのだから手抜きだなんて言わせません!!レトルトで美味しいご飯を作っちゃいましょう♪

お弁当作りにはトリプルパンが時短&手間が省ける♪

子どもの小さなお弁当を作るときに、一品作ってはフライパンを洗う!という繰り返しって面倒くさくありませんか?少量ずつを炒めるときに「トリプルパン」は大活躍しますよ。一気に作れるのでお弁当作りもあっという間で時短につながります。少しでも楽にするために「トリプルパン」でお弁当作りしてみませんか!?

節分は夕飯を楽するチャンス!主役は「恵方巻」!プラス汁物で!

2月3日に恵方に向かって無言で食べると縁起が良いとされる「恵方巻」。ひと昔前まで節分といえば「豆まき」でしたが、現在では豆はまかずに恵方巻を食べて行事を完結させる人の方が多いとのデータもあるようです。実はこの「恵方巻」の文化って、主婦ママにとっては万々歳!!夕飯が楽できちゃうので嬉しすぎますよね?今回はそんな「恵方巻」が主役のディナーにプラスしたい汁物のすすめです。