カテゴリー一覧

"夫婦・人間関係"一覧

夫が浮気!その時どうする!?許せない妻たちの打開策

3月4月は不倫がはじまりやすい季節だそうです。冬から春にむけた温かい気候に心がやわらぐからでしょうか。ホワイトデーや移動といったご縁がきっかけとなることも……。夫の浮気が発覚した時、ショックやパニック、自信喪失などが妻を襲います。でも、裏切られた側の妻がマイナスを被るなんてナンセンス!今回は「旦那を許せない!」派の妻が立てた打開策をご紹介します。即離婚だけが道ではないようですよ。

ムカツク!年末、主婦が夫にされた言われたイライラ7選!!

年末年始は普段連休がなくても確実に休める企業が多いからでしょうか、年間で一番好きな時期と言う旦那様が多くみられます。一方、業種によっては大晦日まで休憩もなく働き続ける旦那様もいますよね。どちらにしてもいつもの日常とは違った雰囲気の家庭内。夫にイライラする妻が続出しています。今回はムカツク旦那の行動や、怒りすらおぼえたセリフ7選!みなさんも吐き出して楽になりましょう(笑)

ママ友の出産祝いにはオムツがおすすめ♪

幼稚園のママ友、公園でできたママ友、児童館でできたママ友が第二子や第三子を出産したとき、お祝い迷いますよね。 あまり仰々しくして気を遣わせてしまうのも違うし、でも無視するのも気が引けるし・・・そんなときはオムツをプレゼントしてみてはいかがでしょうか? 絶対に使う消耗品なので銘柄さえ間違えなければ気楽に受け取ってもらえて、喜んでもらえること間違いなしのお祝い品です☆

専業主婦のお小遣いってどれくらい?

毎日家事に育児に大忙しの専業主婦ママ。 この労働を外注すると年間1,000万円は下らないとも言われ、専業主婦の仕事を年収とあらわすと1,000万超えだ!なんて話もあります。 でも、実際には旦那さんの収入のもと、ひっそりとなるべく自分にはお金をかけずに生活しているママが多いのではないでしょうか? 実際に専業主婦ママはどれくらい自分のためにお金を使っているのか調べてみました。

子ども同士の“性別”が舵を握る!?「ママ友関係」の持続力について―。

子ども同士が仲良く遊べて、ママ同士も楽しい時間を共有できるのが「ママ友」の魅力。トラブルが0とは言い切れない世界ですが、メリットだけを見るとかなり楽しい関係!今回は、ママ友の子ども同士の「性別」に焦点をあて、メリットデメリットをご紹介します。素敵なママ友に出逢えると、主婦ママ生活はグンッと楽しく、気持ちも楽になりますよ!!

子ども&ママ同士で仲良し♪+の条件「長子同士」は理想的!!

「ママ友」関係の重要ポイント『子ども同士の仲の良さ(相性)』について以前記事にしました(※「ママ友」の条件【その1】仲良くなる前に、チェックすべき“仲よし度”って!?)。今回はそこに付帯する理想的な条件のひとつをご紹介。「ママ友」って無理に作る必要もなく、条件だけで選ぶのも違う気がしますが、子どもたちとママ同士の理想的な絆が築けるなら本当にハッピーな関係。どうか素敵なご縁に恵まれますように―♡

「ママ友」の条件【その1】仲良くなる前に、チェックすべき“仲よし度”って!?

「ママ友」は子どもを介した母親同士の関係を指し、新米ママはその響にマイナスイメージがあるかもしれません。確かにママ友トラブルに悩む人はいるようですが、それでも、テレビや雑誌で見るような怖いことばかりじゃないのも事実!子育てを通じて喜びや不安をわかちあい、楽しい時間を共有できるような関係を築いているママもたくさんいます。今回は終始円満であれるような「ママ友関係」に必須となる条件を調べてみました。

専業主婦が“三食付”なんて嘘!~ママたちの食事情~

日本に昔からある「三食昼寝付」という言葉。若いパパは使わないと思われがちですが、この専業主婦を軽視する言葉を、腹の奥底に秘めているイクメン世代は多いようです。確かに家電が普及した現代の専業ママたちは、昭和初期と比べても家事環境は恵まれているはず。それでも断固違うと言い切れるのが“三食付”!今回はママたちの食事事情を整理しながら「三食付なんかじゃない!」を代弁!?ほんの少し胸が楽になってもらえれば―

ママ友のお下がりにドン引き!「え!?ブラジャーはちょっと…」

ママ友同士で行う子ども服のリサイクル。特にベビー服はすぐにサイズアウトしてしまうので、もらう方もとってもありがたいです。また“短期間のために買いたくない”ものといえばマタニティ服もそう。でも、譲る相手とアイテムを冷静に選ばないとKYになってしまうので要注意ですよ!