カテゴリー一覧

"考え方"一覧

ネガティブ脳をリセット!ポジティブ脳の設け方?チェックする?

最近、嫌なことばかり続いているそんなアナタ。「運が悪いな~」「流れがよくないんだよね……」と、モヤモヤしてない?そして何かのせいにしたいわよね?うんうん、わかるわかる。そんな時に「ネガティブはダメだ」なんて言われたって、「知ってるしっ!」としか思えないのもわかる(笑)。ちょっと今日は、騙されたつもりで「チェック」やっていかない?何かブルーなテンションの抜け道があるかもしれないわよ~。

私を優先に!主婦・ママこそ「自分のために」をはじめなさい!

主婦・ママの方、元気に過ごしてる??「最近なんだか疲れている……」「やる気が漲ってこない……」なんて人はちょっと危険信号。もしかして、あなたは自分のことを後回しにしちゃうタイプじゃないかしら?家族最優先がくせになると、心がフリーズしてしまうものなの。今「あ、自分のことかも」と思った人は、今すぐにでも「自分のために」をはじめてみてよね。

子持ちのキムチ鍋問題!「食べたいのに……」さぁ、どうする?

キムチ鍋、我慢していませんか?実は子供が生まれてから「キムチ鍋がご無沙汰で……」というママはかなり多いんです。理由は1つ!辛いレシピだと、子供が一緒に食べられないから。今回は小さい子をもつママたちが、どうやってキムチ鍋を食べているかを、調査してみました。

「年賀状をやめたい!」みんなの本音は??

毎年12月が近づくと、主婦仲間の間で「年賀状作らなくちゃ……」という声、聞こえませんか?そして年の瀬になると「まだ出してない……」と、バタバタしている人、いませんか?あれ?もしかしたらみんな年賀状って本当は出したくないの??今回はアンチ年賀状の声をまとめてみました。

専業主婦の罪悪感?後ろめたさ?「感じなくていい!」

専業主婦の生活に罪悪感を感じたことある?「全くないし、意味不明」と断言する人もいれば、経済的に夫に頼る生活に肩身の狭い気持ちになる女性もいるみたいね。では、悩んでしまう原因って何?今回は、専業主婦の「後ろめたさ」についてのアンケート結果を見つつ、罪悪感について、考えてみたわ。

「自分嫌いはきっと子供に救われる」~ママは自分を好きになる~

自分嫌いは、心を煩わせるものよね。マイナス思考は人間関係をつまずかせ、ネガティブ思考や行動は、他人の気持ちも暗くしてしまう。「どうしたら自己肯定感が高まるのか、こんな私が母になどなれるのかしら」……。確かに悩むわ。でも「ママ」「母親」って、自分を好きになれるチャンスって、知ってた?

「クリスマスプレゼントは大人の事情」。願い届かぬ頑固サンタ!

子供はいいわよね。「クリスマスプレゼントは、サンタが届けに来る」って、信じられるんだから。サンタなんて普通に考えれば不法侵入者だし、何も盗まず良いものをくれるというだけで行動自体は泥棒よね。「西洋風、石川五右衛門、みたいな?」。でも、できるだけ信じさせてあげるわ。ただし必ずしも欲しいものが届くとは限らない。だって、担当サンタが頑固な場合もあるからね……。

「ズボラ主婦、共有すれば恥じゃない!?」ついやってしまう特集

あなたのズボラ度数は、高めですか?低めですか?独身時代はただの「干物女」で済んでも、結婚して主婦になると、ズボラが仇となります。夫や義母など家族にだらしないと指摘されたり、息苦しく感じること、ありませんか?今回はみんなのズボラ習性大集合!「こんな人もいるんだね~」とか「あるある」とか、気楽に読んでみてください。

「ママの感覚が、仕事になる!」働く場所を自ら作る可能性

女性には、妊娠、出産、子育てと、少なからず社会から離れる期間があるものです。会社を辞めず、産休や育休、保育園を使って勤務を続けるワーママもいますが、多くは一度家庭に入り子育てをしています。でも社会から離れるブランクを不安に感じる意見も少なくありません。そこで「ママという感覚」が仕事につながることをインタビューをまじえて考えてみました。

子どもの登園・登校しぶり・・・そのとき私が考えたこと

子育て中はあれこれと心配することばかり。子どもの体調や精神状態、性格や行動にいたるまで・・・。私も細かいことまでかなり気にしていたのですが、もうすぐ20歳になる娘は今、特別に困ることはなにもなく元気に生きています!今回は、だいぶ気をもんだけれど乗り越えられた「登園・登校しぶり」についての体験談をご紹介します。