カテゴリー一覧

"心"一覧

この本を読めば夫婦喧嘩とおさらばできる!?夫の気持ちを知るために♪

夫に対して「なんでそんな言い方するの!?(怒)」や「なんで今それするかな……(呆れ)」と思ったことはありませんか?その答え…男女の脳の違いやコミュニケーションの違いを知れば、解決するかもしれません!?今回は、男女の違いに関する知識がたっぷりつまった本を3冊ご紹介!実際に私が読んでみて、イイ!と思った本をチョイスしました。あなたのお役に立てれば幸いです♪

怒妻!夫の言葉「俺の方がもっと大変……」が嫌い!

旦那さんのことは嫌いじゃなくても、「夫のココが嫌!」のように、気に入らないツボを語りたい妻は多いはず。今回は、妻たちが鼻につくと怒っている夫のセリフ「俺の方がもっと……」に、反論するわよ。旦那さん本人はなんの悪気なしに言ってるから本当に微妙よね……。影でもいいからバッサリ斬って、気持ちを楽におなりなさい。

「ズボラ主婦、共有すれば恥じゃない!?」ついやってしまう特集

あなたのズボラ度数は、高めですか?低めですか?独身時代はただの「干物女」で済んでも、結婚して主婦になると、ズボラが仇となります。夫や義母など家族にだらしないと指摘されたり、息苦しく感じること、ありませんか?今回はみんなのズボラ習性大集合!「こんな人もいるんだね~」とか「あるある」とか、気楽に読んでみてください。

「シンデレラno主婦 」 ~ 短い言葉vol.29~

幼い頃、女の子なら誰もが一度は憧れたプリンセス「シンデレラ」。「お姫様のようなドレスを着ていつか結婚式を……」なんて、心に思ったことありますよね?でもウエディングベルの鐘の音がおさまると、キラキラした自分は実生活に収まります。これ、0時の鐘が煌びやかな時間の終わりを告げる「シンデレラ物語」と、ちょっと似ている気がしませんか。今回は、主婦とシンデレラをかけた短い言葉。

「主婦のトキメキ、有罪?無罪?」既婚者女性の恋愛感情

「胸がギュッと締め付けられるような想い、キュンッと弾けるような気もち」。誰もが一度くらい感じたことがあるはず。人はこれを「トキメキ」と呼ぶわね。まぁ、結婚したからって、全ての女性が夫となる男性にトキメキを感じて婚姻届けを出したわけじゃないみたいだけど……。今回は既婚女性のトキメキ事情について。

旦那うざい!もし隣に寝てるのが「抱かれたい男」だったらな……

「旦那がうざい」と思っている妻、けっこういるのよね。日常的にイライラする軽度から、夫の脱いだ服すら触りたくない重度まで、ストレスの度合いは様々。今回は一緒の寝室が微妙にうざくなってきた女性たちの心を見てきたわよ。「もし自分の隣に寝てるのが"抱かれたい男”」だったら、いいのにね~。

怒った時は猫に相談!ニャンコ先生がアナタのイライラ、解きます

主婦・ママの日常はイライラの連発です。子供のワガママや号泣に苦戦し、夫はマイペースで、ある意味子供より手がかかる……。「もう嫌ッ!」って爆発することありますよね?今回はそんな時におすすめの読み物。怒りの気持ちを猫たちに聞いてもらいませんか?きっと、ニャンとも不思議な癒やしが、心を穏やかにしてくれる(はず・笑)。

「双眼鏡のように」~ 短い言葉vol.28~

母とは、つい我が子にあれこれ言ったり、世話を焼いたりしてしまう生き物です。でも、手助けすることだけが全てではない時って、ありますよね。もしかしたらちょっとした過保護が、母の気づかぬうちに、自立心の芽を摘んでしまうことも……。今回は、少し遠くにいながらも両目を見開ききちんと見ることができる、「双眼鏡」の画像に乗せて、短い言葉を綴りました。

「夏休未・なつやすみ」~ 短い言葉vol.27~

夏休みが近づくと主婦・ママの間のあちらこちらで悲鳴が聞こえてくるものです。もうすぐ夏休みで毎日子供が家にいる!昼ご飯を毎日作らなければならない!そして夏休みが開幕すると同時に、宿題や生活習慣など、怒ることも多々。今回は、そんな夏休みについて母親目線で描いた短い言葉。

「ママの感覚が、仕事になる!」働く場所を自ら作る可能性

女性には、妊娠、出産、子育てと、少なからず社会から離れる期間があるものです。会社を辞めず、産休や育休、保育園を使って勤務を続けるワーママもいますが、多くは一度家庭に入り子育てをしています。でも社会から離れるブランクを不安に感じる意見も少なくありません。そこで「ママという感覚」が仕事につながることをインタビューをまじえて考えてみました。