カテゴリー一覧

"心"一覧

子ども&ママ同士で仲良し♪+の条件「長子同士」は理想的!!

「ママ友」関係の重要ポイント『子ども同士の仲の良さ(相性)』について以前記事にしました(※「ママ友」の条件【その1】仲良くなる前に、チェックすべき“仲よし度”って!?)。今回はそこに付帯する理想的な条件のひとつをご紹介。「ママ友」って無理に作る必要もなく、条件だけで選ぶのも違う気がしますが、子どもたちとママ同士の理想的な絆が築けるなら本当にハッピーな関係。どうか素敵なご縁に恵まれますように―♡

「ママ友」の条件【その1】仲良くなる前に、チェックすべき“仲よし度”って!?

「ママ友」は子どもを介した母親同士の関係を指し、新米ママはその響にマイナスイメージがあるかもしれません。確かにママ友トラブルに悩む人はいるようですが、それでも、テレビや雑誌で見るような怖いことばかりじゃないのも事実!子育てを通じて喜びや不安をわかちあい、楽しい時間を共有できるような関係を築いているママもたくさんいます。今回は終始円満であれるような「ママ友関係」に必須となる条件を調べてみました。

罪悪感は感じなくていい。一時保育に我が子を預けるメリットとは

幼稚園や保育園などの施設で行われている、”一時保育”。 子どもを預けるということに罪悪感を感じる親御さんも多いかもしれませんが、一時保育は親だけでなく、子どもにとってもたくさんのメリットがあります。 一時保育は、良好な親子関係や夫婦関係を維持するカギでもあるのです。 たまには子どもをプロに預けて、夫婦2人きりの時間を過ごしてみてはいかがですか?

専業主婦が“三食付”なんて嘘!~ママたちの食事情~

日本に昔からある「三食昼寝付」という言葉。若いパパは使わないと思われがちですが、この専業主婦を軽視する言葉を、腹の奥底に秘めているイクメン世代は多いようです。確かに家電が普及した現代の専業ママたちは、昭和初期と比べても家事環境は恵まれているはず。それでも断固違うと言い切れるのが“三食付”!今回はママたちの食事事情を整理しながら「三食付なんかじゃない!」を代弁!?ほんの少し胸が楽になってもらえれば―

抱っこしていないと、泣きっぱなし!「もう疲れた…」なママに。

子どものグズリ時間の長短や強弱は、専業ママの労力をものすごく左右するものです。中には全く泣かないという子どももいれば、1日の大半を泣いて過ごす子どももいます。さて、自分の子どもはどんなタイプですか?今回は、「抱っこしていないと泣く」タイプの子と過ごすママに向けたエール!ささやかに、ほんのちょっぴりでも、心が楽になれたら良いのですが―。

ママ友のお下がりにドン引き!「え!?ブラジャーはちょっと…」

ママ友同士で行う子ども服のリサイクル。特にベビー服はすぐにサイズアウトしてしまうので、もらう方もとってもありがたいです。また“短期間のために買いたくない”ものといえばマタニティ服もそう。でも、譲る相手とアイテムを冷静に選ばないとKYになってしまうので要注意ですよ!