カテゴリー一覧

"心"一覧

「怒り・はじけ」 ~ salvia の言葉.5~

夫婦円満のために、なるべく自分の気持ちを言わないでいる妻、いますよね?夫への不満を、主婦同士、ママ同士だったら気楽に言えるのに、夫本人にぶつけるのはつい我慢してしまう……。でも、胸に秘めているだけだとやっぱり蓄積されて、ふとしたきっかけで爆発。今回は、そんな主婦ママの心の様を、ポップコーンに例えた言葉です。

祝い事のお赤飯。「レトルトに頼って何が悪い!?」楽に割り切る

新婚ならまだしも、子どもが生まれればあらゆるお祝い事で要されるお赤飯。でも小豆を洗い煮立てて…、伝統的な方法で手づくりするとなると平成の主婦ママにとってはひと苦労。そこで便利なのが電子レンジで温めるだけのレトルトお赤飯!簡単で美味しいので特に料理嫌いの主婦なら使わない手はありません!「でも、祝事なのに心がこもってない気が……」と気が引ける人も?今回は後ろめたさを割り切るための背中を押す言葉♪

ママ友の出産祝いにはオムツがおすすめ♪

幼稚園のママ友、公園でできたママ友、児童館でできたママ友が第二子や第三子を出産したとき、お祝い迷いますよね。 あまり仰々しくして気を遣わせてしまうのも違うし、でも無視するのも気が引けるし・・・そんなときはオムツをプレゼントしてみてはいかがでしょうか? 絶対に使う消耗品なので銘柄さえ間違えなければ気楽に受け取ってもらえて、喜んでもらえること間違いなしのお祝い品です☆

専業主婦のお小遣いってどれくらい?

毎日家事に育児に大忙しの専業主婦ママ。 この労働を外注すると年間1,000万円は下らないとも言われ、専業主婦の仕事を年収とあらわすと1,000万超えだ!なんて話もあります。 でも、実際には旦那さんの収入のもと、ひっそりとなるべく自分にはお金をかけずに生活しているママが多いのではないでしょうか? 実際に専業主婦ママはどれくらい自分のためにお金を使っているのか調べてみました。

「おんなじ・おんなじ」 ~ salvia の言葉.3~

ときどきハッとすることありませんか?「私、今、お母さんと同じことを同じ言い方で叱ってる。」って。子どもの時は理不尽だと思っていたことを、同じように自分の子どもに叱っていたりして・・・。そんな時、母の気持ちと子の気持ちの両方がわかって、どちらにもちょっと申し訳ないような複雑な気持ちになったりしませんか?そんな気持ちを詩にしてみました。

「ご飯作りが大変……」。大食漢の夫と、こう向き合う♪

独身時代の理想の男性は「よく食べる人♡」なんて女性も多かったはず。でも実際、妻となり母となると、そのたくさんの料理を毎日作るのは自分……。今回は、食事量が多い旦那様もしくは息子さんを持つ方に向けた記事。毎日のご飯づくりに疲れてしまった時にする逆転の発想をご紹介♪気持ちが違うと、ちょっぴり楽になるかもしれませんよ。

「おじぎ」 ~ salvia の言葉.1~

自分の感情が乱れた後、自己嫌悪に陥る時がありますよね?イライラが募って子どもを罵倒してしまったり、やりきれなくて夫に八つ当たりしてしまったり、また義理母やお母さんと上手く付き合えなかったり。ふと我に返ると、なんて自分はダメな人間なんだろうって……。今回は、そんなパターンの主婦ママたちに捧げる短い言葉。

子ども同士の“性別”が舵を握る!?「ママ友関係」の持続力について―。

子ども同士が仲良く遊べて、ママ同士も楽しい時間を共有できるのが「ママ友」の魅力。トラブルが0とは言い切れない世界ですが、メリットだけを見るとかなり楽しい関係!今回は、ママ友の子ども同士の「性別」に焦点をあて、メリットデメリットをご紹介します。素敵なママ友に出逢えると、主婦ママ生活はグンッと楽しく、気持ちも楽になりますよ!!