"悩み/愚痴"一覧

専業主婦の罪悪感?後ろめたさ?「感じなくていい!」

専業主婦の生活に罪悪感を感じたことある?「全くないし、意味不明」と断言する人もいれば、経済的に夫に頼る生活に肩身の狭い気持ちになる女性もいるみたいね。では、悩んでしまう原因って何?今回は、専業主婦の「後ろめたさ」についてのアンケート結果を見つつ、罪悪感について、考えてみたわ。

「自分嫌いはきっと子供に救われる」~ママは自分を好きになる~

自分嫌いは、心を煩わせるものよね。マイナス思考は人間関係をつまずかせ、ネガティブ思考や行動は、他人の気持ちも暗くしてしまう。「どうしたら自己肯定感が高まるのか、こんな私が母になどなれるのかしら」……。確かに悩むわ。でも「ママ」「母親」って、自分を好きになれるチャンスって、知ってた?

この本を読めば夫婦喧嘩とおさらばできる!?夫の気持ちを知るために♪

夫に対して「なんでそんな言い方するの!?(怒)」や「なんで今それするかな……(呆れ)」と思ったことはありませんか?その答え…男女の脳の違いやコミュニケーションの違いを知れば、解決するかもしれません!?今回は、男女の違いに関する知識がたっぷりつまった本を3冊ご紹介!実際に私が読んでみて、イイ!と思った本をチョイスしました。あなたのお役に立てれば幸いです♪

怒妻!夫の言葉「俺の方がもっと大変……」が嫌い!

旦那さんのことは嫌いじゃなくても、「夫のココが嫌!」のように、気に入らないツボを語りたい妻は多いはず。今回は、妻たちが鼻につくと怒っている夫のセリフ「俺の方がもっと……」に、反論するわよ。旦那さん本人はなんの悪気なしに言ってるから本当に微妙よね……。影でもいいからバッサリ斬って、気持ちを楽におなりなさい。

「ズボラ主婦、共有すれば恥じゃない!?」ついやってしまう特集

あなたのズボラ度数は、高めですか?低めですか?独身時代はただの「干物女」で済んでも、結婚して主婦になると、ズボラが仇となります。夫や義母など家族にだらしないと指摘されたり、息苦しく感じること、ありませんか?今回はみんなのズボラ習性大集合!「こんな人もいるんだね~」とか「あるある」とか、気楽に読んでみてください。

「主婦のトキメキ、有罪?無罪?」既婚者女性の恋愛感情

「胸がギュッと締め付けられるような想い、キュンッと弾けるような気もち」。誰もが一度くらい感じたことがあるはず。人はこれを「トキメキ」と呼ぶわね。まぁ、結婚したからって、全ての女性が夫となる男性にトキメキを感じて婚姻届けを出したわけじゃないみたいだけど……。今回は既婚女性のトキメキ事情について。

ワンオペ育児に困ったら…ママの味方「産後ケア施設」!

「育児疲れちゃった……。」そんな風に思う時はありませんか?出産という大仕事を終えた直後から、休む間もなく始まる育児。お腹を痛めて産んだ我が子とはいえ、24時間体制でお世話をしていれば、疲れがたまるのも当然です。そんな時、「産後ケア施設」や「産後ケアセンター」などと呼ばれる施設が、あなたの味方になってくれるかもしれません!

旦那うざい!もし隣に寝てるのが「抱かれたい男」だったらな……

「旦那がうざい」と思っている妻、けっこういるのよね。日常的にイライラする軽度から、夫の脱いだ服すら触りたくない重度まで、ストレスの度合いは様々。今回は一緒の寝室が微妙にうざくなってきた女性たちの心を見てきたわよ。「もし自分の隣に寝てるのが"抱かれたい男”」だったら、いいのにね~。

主婦・ママを襲う「スマホ認知症」の影……。あなたは大丈夫?

「スマホ認知症」について知っていますか?これはスマートフォンの使いすぎで脳が情報過多となり、処理する機能が追いつかなくなること。物忘れをはじめ睡眠不足や体の不調などの症状がありますが、主婦やママは年齢的に当てはまりやすくなる世代です。今の状態は、歳のせい?それとも……??気になる人はチェックしてみてくださいね。

子育て体験談・発語はいつから?

子どもが幼児期になると、ことばの発達が気になりますよね。どうしても周りと比べてしまいわが子の発語スピードに悩んでしまうことも・・・。男の子は話し始めるのが遅いとか、下の子は話し始めるのが早いとかいろいろな情報過多の中「うちの子、発語が遅いのかしら?」と悩んでいた私の体験談です。