"短い言葉"一覧

「崩れ」 ~ 短い言葉vol.33~

多かれ少なかれ、誰でも一度は人間関係に悩んだこと、あると思います。一度こじれた関係は、なかなか修復できないものです。ケンカした子供が「ごめんね」のひと言で、すぐ手を繋いで遊びだすような光景は、残念ながら大人には無理。今回は、そんな大人のもつれた関係と感情を表した、短い言葉。

「20年後の君へ」 ~ 短い言葉vol.32~

「小さい頃、母に言われたあの言葉の意味が、大人になってはじめてわかった……」。そんな想い、誰にもあるはずです。言葉とは不思議なもので、その真意が伝わるまで、かなりの時間を要することがあります。今回は20年後の我が子へ手紙を書くというストライダーのキャンペーン「レター缶(無料)」にかけた、短い言葉。

「かもしれない」 ~ 短い言葉vol.31~

「かもしれない」は、いろいろな感情に使える言葉。不安を恐れたり、不運を予知することで自分を守ったり、ネガティブな感情の反面、「合格するかもしれない」といった励みにもなるものです。また「元気がないかもしれない……」といったように、時には誰かを気遣うきっかけにもなりますよね。使い方は、自分次第"かもしれない”。

「シンデレラno主婦 」 ~ 短い言葉vol.29~

幼い頃、女の子なら誰もが一度は憧れたプリンセス「シンデレラ」。「お姫様のようなドレスを着ていつか結婚式を……」なんて、心に思ったことありますよね?でもウエディングベルの鐘の音がおさまると、キラキラした自分は実生活に収まります。これ、0時の鐘が煌びやかな時間の終わりを告げる「シンデレラ物語」と、ちょっと似ている気がしませんか。今回は、主婦とシンデレラをかけた短い言葉。

「双眼鏡のように」~ 短い言葉vol.28~

母とは、つい我が子にあれこれ言ったり、世話を焼いたりしてしまう生き物です。でも、手助けすることだけが全てではない時って、ありますよね。もしかしたらちょっとした過保護が、母の気づかぬうちに、自立心の芽を摘んでしまうことも……。今回は、少し遠くにいながらも両目を見開ききちんと見ることができる、「双眼鏡」の画像に乗せて、短い言葉を綴りました。

「夏休未・なつやすみ」~ 短い言葉vol.27~

夏休みが近づくと主婦・ママの間のあちらこちらで悲鳴が聞こえてくるものです。もうすぐ夏休みで毎日子供が家にいる!昼ご飯を毎日作らなければならない!そして夏休みが開幕すると同時に、宿題や生活習慣など、怒ることも多々。今回は、そんな夏休みについて母親目線で描いた短い言葉。