"あるある!?小話"一覧

「洗濯の選択…」 ―あるある!?小話vol.64―

梅雨時や秋の長雨シーズンは、洗濯ができなくて困りますよね。コインランドリーを使うと高いので、部屋干しでしのぐことも多々。洗う衣類の種類を計画的に選定しているわけですが、そんな母の苦労は子供には関係ないようです。今日はそんな洗濯にまつわる「あるある!?小話」。

「意味のある毛」 ―あるある!?小話vol.61―

子供は、大人が当たり前のように分かっていることを質問してくる生き物です。成長のひとつなので、とても良いことですよね!でも、質問に答えながら、時に大人は回答の『矛盾』と出会うことがあります。今回は純粋な子供の「???」に言葉を詰まらせた「あるある!?小話」です。

「頑固オヤジの汚れに…」 ―あるある!?小話vol.60―

「あれ?ウチの夫、こんなニオイしたっけ??」。人間は年齢を重ねるとニオイが変わる生き物なので、旦那さんのいろいろなニオイに「うっ…!!(臭い)」と思ったことのある妻は多いようです。今回は、そんな夫のニオイ(加齢臭?)に立ち向かう妻の小話。あるかな?ないかな??

「誤爆?語爆!」 ―あるある!?小話vol.58―

言葉がまだまだ正しく使えない年齢の子供は、時として驚くような表現をするものです。それが大爆笑できる時もあれば、横にいる母が冷や汗かくような時も多々。内容や場所、相手によって反応はいろいろですよね。今回は、誤変換された娘の言葉の「あるある!?小話」。※言った相手が他人ではなく自分でよかった……。

「WC軟禁事件」 ―あるある!?小話vol.57―

公共の場のトイレって、ただでさえいろいろ気にするものです。「小(おしっこ)」の音とか、ナプキンを替える音とか、あとは緊急時の下痢のニオイとかも……。トイレ内にいるのが自分だけならセーフですが、混雑中とか外側に人がいる時とかだと気まずいものです。今回は、そんな背景を描いた「あるある!?小話」。

「遂に二重アゴ!?」 ―あるある!?小話vol.56―

年齢とともに、衰えを感じる今日この頃。痩せにくいのに太りやすいとか、肌のたるみとか、女性にとって、悩みは尽きないことと思います。中には、体重が変わっていないのに、シルエットが全然違うと悩んでいる人もいるかもしれませんね。今回は、加齢と重力にさからいたい世代に起きた、「あるある!?小話」。