カテゴリー一覧

"あるある!?小話"一覧

「陣痛招き術!?」 ―あるある!?小話vol.52―

臨月に入り出産予定日が近づくと、いつおしるしが来るのか、いつ陣痛がはじまるのか、ソワソワするものです。そして予定日を過ぎた頃から、落ち着かない気持ちにイライラが混ざってきたりするんですよね。そんな時みんなが気になるのは、陣痛が起きやすい体操とか、動作とか……。今回は陣痛を呼ぶジンクスにまつわる「あるある!?」な実話!!

「子が昼寝の隙に…」 ―あるある!?小話vol.51―

子育て中のママは忙しい。赤ちゃんや幼児のお世話で、自分の時間などほぼもつことができないので、ストレスに感じる人も多いのではないでしょうか?「1日の唯一の楽しみが"子供のお昼寝時間”」なんて、よく耳にするものです。今回は我が子が眠っている隙に、いつ起きてもおかしくないような、あるある小話。経験したことある人、どのくらいいますか??

「アラフォーの実感」 ―あるある!?小話vol.50―

「アラサー」、それは年齢が30歳前後の人のことを意味する言葉。アラウンド・サーティーの略で、2006年頃に発信されましたよね。言葉が流行した当時どんぴしゃ世代だったという女性はおそらく現在はアラフォー(40歳前後)世代なはずで……。「アラサー」とか「アラフォー」、「アラフィフ」って、言葉の響きがなんだか嫌なのって、私だけでしょうか……。

「怒!夏休みに吠える」 ―あるある!?小話vol.48―

過ぎればあっという間だった夏休み。でも真っ最中は毎日イライラしていませんでしたか?素敵ママのエッセイや育児雑誌のコラムのように「イライラしないママに」なんて、夢のまた夢……。そりゃ~、怒りますよね。だって気の緩んだ子供達がやりたい放題なんですから。今回は普通のママたちの夏休みあるある小話。

「アニマルパニック」 ―あるある!?小話vol.46―

日本語って難しい。同じ「あめ」でも「雨」と「飴」があり、1文字違うだけでも意味がガラリと変わっていくものです(「掃除やれよ」・「掃除やるよ」)。大人でも勘違いで伝わらないことが多々あるくらいなので、子供も間違いは多くないですか?今回は、ちょっと言い間違いした言葉がツボに入って想像して笑ってしまった母のあるある小話です。

「父の日、だよね?」 ―あるある!?小話vol.44―

いよいよ迫ってきた父の日。毎年、どんな贈り物を贈っていますか?中にはプレゼントではなく「毎年恒例行事 」みたいなものがある家庭も、いるかもしれませんね。今回はsalviaのプレゼントキャンペーン第7弾時に寄せられた父の日エピソードからひとネタ拝借し、salvia風にまとめてみました。全国のお父さんには「……」かもしれませんが(笑)クスッとなってもらえたら、嬉しいです♪